旭区版 掲載号:2019年1月1日号 エリアトップへ

CM楽曲提供やTV出演など、幅広く活躍するシンガーソングライター 関取 花さん 横浜市出身 28歳

掲載号:2019年1月1日号

  • LINE
  • hatena

「お茶の間」に響く歌を

 ○…CMやNHK「みんなのうた」への楽曲提供、TV番組出演などで注目度が高まるシンガーソングライター。2018年は3枚目のフルアルバム発売、初のホールライブを成功させ、活動の幅を広げる。伸びやかな声で歌い上げるのは、誰もが心に秘めるようなシニカルな思い。「普段音楽を聴かないような人が聴いてくれたら嬉しい」。時に鋭く、時にポップに。歌詞や曲の世界観と親しみのあるキャラクターは多くの共感を呼んでいる。

 ○…ギターの弾き語りを始めたのは高校の軽音楽部時代。大学でもコンテストに挑戦し、CDリリースやツアーを回る機会に恵まれたが、心中は「なんか違うかな」だった。就活中の2012年、楽曲がCMに採用。短い尺ゆえに一部だけを切り取られ、中には批判も。「どうしたら良いと言ってもらえるかを前向きに考えられた。そこで初めて、音楽なら『嫌われたくない症候群』の自分を良い方向に変えられるかもと思った」。音楽活動に対する強いこだわりのスイッチが入った。

 ○…「ライブとラジオは元気をくれる2つのラ」と言い切る。名字にちなみ、FMヨコハマで『どすこいラジオ』という番組を担当したことも。「日常の楽しいことを、思ったまま話す距離感が良い」。継続する横浜にぎわい座でのライブは「とにかく楽しい。ご褒美公演」。最近は家族連れも多く、意識するのは”お茶の間感”だ。「友達にいたら面白そうと思ってもらえたら」とはにかむ。

 ○…「家が大好きで、目的がないと外に出られない。新年は日光を浴びます」と茶目っ気たっぷり。「今は雰囲気に負けちゃうかも」と控えめだが、大さん橋ホールのステージが目標の一つ。地元横浜で歌う姿を思い描きながら、飾らない等身大の音楽を届けていく。

5/27家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

旭区版の人物風土記最新6

鈴木 好幸さん

皇室や多くの文化人らに愛される洋食器メーカー(株)大倉陶園の代表取締役を務める

鈴木 好幸さん

南区在住 60歳

5月16日号

畠中 槙之輔さん

横浜F・マリノスに所属し、3月にサッカー日本代表に初選出された

畠中 槙之輔さん

都筑区出身 23歳

4月11日号

佐藤 修さん

3月13日付で旭警察署の署長に就任した

佐藤 修さん

区内在住 58歳

4月4日号

佐々木 由佳さん

2月16日付で、女性として初の県宅建協会第9代事務局長に就任した

佐々木 由佳さん

川崎市在住 48歳

3月28日号

TOMORUFUさん(本名 古本貴美子)

消しゴムはんこ作家として、「どんぐりマルシェ」に出店する

TOMORUFUさん(本名 古本貴美子)

区内在住 47歳

3月21日号

清水 康弘さん

横浜旭ジャズまつり特別編成ビッグバンドを監修・指導するトランペット奏者

清水 康弘さん

川島町在住 54歳

3月14日号

安彦(あびこ) 考真(たかまさ)さん

Jリーグ史上最年長デビューをめざし、今季YSCC横浜に新加入した

安彦(あびこ) 考真(たかまさ)さん

相模原市在住 41歳

3月7日号

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月16日号

お問い合わせ

外部リンク