旭区版 掲載号:2019年3月7日号 エリアトップへ

統一地方選旭区 市議選は定数6に8人 県議選は定数3に4人

政治

掲載号:2019年3月7日号

  • LINE
  • hatena

 3月29日(金)告示、4月7日(日)投開票が行われる今回の統一地方選挙。旭区の横浜市議会議員選挙は議員定数6に対し8人、神奈川県議会議員選挙は定数3に対し4人が立候補を表明している(3月4日現在、本紙調べ)。

市議選

 引退を表明している現職の和田卓生氏(公明)を除く、現職5人・新人3人が名乗りを上げている市議選。6つの議席を争い、自民党の佐藤茂氏(64・7期)、自民党の古川直季氏(50・6期)、国民民主党の小粥康弘氏(51・4期)、共産党の河治民夫氏(67・3期)、立憲民主党の大岩真善和氏(48・2期)の現職5人に、公明党の木内秀一氏(50・新)、日本維新の会の末本さおり氏(45・新)、須藤由美子氏(64・新)が挑む。

 2015年の前回の市議選では、議員定数6に対し9人が立候補している。古川氏の1万7866票が得票数の最多で、和田氏が1万5444票、佐藤氏が1万2895票、河治氏が1万1236票、小粥氏が1万249票、大岩氏が8445票を獲得し、当選した。旭区の投票率は44・46%、市全体の投票率は42・00%だった。

県議選

 県議選には現職3人・新人1人が立候補を表明。議員定員3に対し、自民党の磯本桂太郎氏(56・4期)、公明党の小野寺慎一郎氏(63・4期)、国民民主党の伊東康宏氏(54・1期)の現職3人に、立憲民主党の須田幸平氏(39・新)が挑む様相だ。

 前回の県議選では、議員定数3に5人が立候補。得票数最多の磯本氏が2万3013票、小野寺氏が2万1843票、伊東氏が1万9894票を獲得し、当選した。旭区の投票率は44・35%、県全体の投票率は41・81%だった。

旭区版のトップニュース最新6

読書推進で文科大臣表彰

若葉台特別支援学校

読書推進で文科大臣表彰 教育

特色ある取り組み評価

5月21日号

医療と経済に重点配分

補正予算

医療と経済に重点配分 政治

林市長、コロナ対策語る

5月21日号

コロナ禍の医療現場 支援

旭RC

コロナ禍の医療現場 支援 社会

医師会にFS(フェイスシールド)を寄贈

5月14日号

市内外国人への支援拡充

横浜市

市内外国人への支援拡充 社会

パシフィコに日本語拠点

5月14日号

テイクアウト店を紹介

横浜FM

テイクアウト店を紹介 社会

【Web限定記事】HPにオリジナルマップ

5月8日号

飲食店、原則禁煙へ

改正健康増進法

飲食店、原則禁煙へ 社会

市、主要駅周辺で確認調査

4月30日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月21日号

お問い合わせ

外部リンク