旭区版 掲載号:2019年8月1日号 エリアトップへ

サンハート演劇祭で脚本を担当する 阿部 ゆかりさん 上川井町在住 61歳

掲載号:2019年8月1日号

  • LINE
  • hatena

誰もが輝く演劇を一緒に

 ○…旭区誕生50周年記念事業の一環で、9月から稽古が始まるサンハート演劇祭で脚本を担当する。出演者や裏方スタッフまで、参加者は一般から募集。集まった人々で協力して演劇作品を作り上げる。現在執筆を進めているが「セリフの多い少ないに関わらず、皆が出てよかったと思ってくれるような作品にしたい」と意気込みを語る。

 ○…4年前にサンハートのワークショップで演劇に出合い、演技や脚本の執筆を経験。学生時代から音楽活動に取り組み作詞の経験もあったことから、「言葉を選ぶという意味では作詞も脚本も同じ。面白くて勉強したくなった」とのめり込んだ。通信教育や講座などで脚本について学びつつ、サンハートでの演劇ワークショップにも参加を続けた。昨年にはサンハートを通じて知り合った女優・五大路子さんが出演し、自らが書いた横浜大空襲を題材にした作品「スカートをひるがえして」が上演された。「書き終わってしまえば作品は手を離れるけど、やり切った感じはあった」と達成感をにじませる。

 ○…大阪府出身。結婚後に神戸へ移り、15年ほど前に夫の仕事の関係で旭区へ移り住んだ。旭区へ来てから友人に声を掛けられて始めた地域活動が朗読。若葉台地区センターを拠点にする「朗読劇団ユーカリスティア」の脚本・演出として、約10年にわたり老人施設や学校などで公演している。

 ○…演劇を始めて得たものの一つが新たな仲間たち。素人から始めた身だが、サンハートでの演劇は周りも未経験からの参加が多く、皆で協力して学び合ってきた。今回も経験や世代を問わず仲間を募っており、新たな出会いを楽しみにしている。「いくつになっても新しいことを始められる。一人ひとりが輝く演劇を皆で作りたい」

相鉄不動産販売

新サービス「住んだまま買い取り」引越し不要で自宅を現金化

https://www.sotetsu-re.co.jp/sell/sundamamakaitoriplus/

<PR>

旭区版の人物風土記最新6

木村 祐子さん

「ミセス・グローバル・アース神奈川大会」事務局を務める(有)シュート代表取締役の

木村 祐子さん

上白根町在勤 63歳

9月16日号

吉田 直人さん

横浜市歯科医師会の会長を務める

吉田 直人さん

南区在勤 62歳

9月9日号

工藤 美代子さん

「みなくる」で開催している紙芝居原画展の展示作品「サッちゃんの馬頭観音」を制作した

工藤 美代子さん

保土ヶ谷区在住 67歳

9月2日号

清水 一二(かずじ)さん

写真家としてパラスポーツを約40年間撮影し続けてきた

清水 一二(かずじ)さん

白根在住 67歳

8月26日号

林 貴子さん

モヤ→キラ委員会@旭の委員長を務める

林 貴子さん

今宿在住 51歳

8月19日号

金森 平和(へいわ)さん

神奈川県立がんセンターの病院長を務める

金森 平和(へいわ)さん

港南区在住 64歳

8月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

旭区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook