旭区版 掲載号:2019年9月5日号 エリアトップへ

二俣川看護福祉高 ベッドメイクで三連覇 県内高校生が介護技術競う

社会

掲載号:2019年9月5日号

  • LINE
  • hatena
優勝旗を手にする奈良さん、野口さん、山内さん(右から)
優勝旗を手にする奈良さん、野口さん、山内さん(右から)

 県立二俣川看護福祉高校(師岡健一校長)の福祉科2年の3人が、「神奈川県高校生介護技術コンテスト」のベッドメイキングペア部門で最優秀賞を受賞。同部門で3年連続の最優秀賞受賞を達成した。

 最優秀賞に輝いたのは、奈良遥愛(はるあ)さん、野口愛海(まなみ)さん、山内ももさんの3人(いずれも福祉科2年)。同コンテストは県内の高校で福祉を学ぶ生徒が介護技術を競い合うことで、介護に関する技術向上や知識を深めること、他校との交流を図ることなどを目的に開かれている。

 3回目を迎えた今年は、7月27日に田園調布学園大学(川崎市)を会場に行われた。介護技術とベッドメイキングの部門に分かれ、同校からは3年生と2年生が部門を分けて参加。2年生が参加したベッドメイキング部門では、2人1組でベッドを整えた時の美しさや効率、チームワークなどをもとに賞が決められた。

「息を合わせる」こと意識

 3人の出場が決まったのは6月末。校内選考を経て選ばれ、当日までの約1カ月にわたって練習に励んできた。奈良さんは「掛け声とか少しのことでも息を合わせることを意識した」と振り返る。

 大会当日は審査員や出場者らも多数集まり、会場には緊張感が漂っていたという。その中でも練習の成果を発揮し、最優秀賞を獲得。初開催から同部門で3年連続の最優秀賞受賞を成し遂げた。

 コンテストを経験し、「どこのマットレスでも、同じようにできるようにならないといけないと感じた」と学びもあったという山内さん。野口さんは「1年生で習ったベッドメイキングが生かせた。そこからの積み重ねで最優秀をとれたのでよかった」と話した。

旭区版のトップニュース最新6

全国推進組織が発足

全国推進組織が発足 社会

27年の国際園芸博に向け

11月19日号

夏以降、増加傾向に

横浜市内自殺者

夏以降、増加傾向に 社会

市、若年層にネット活用

11月19日号

第4期の素案策定

旭区地域福祉保健計画

第4期の素案策定 社会

12月15日まで意見募集

11月12日号

「ユリノキ」とお別れ

白根小

「ユリノキ」とお別れ 教育

安全考慮し、苦渋の伐採

11月12日号

両校でつなぐ水田活動

万騎が原小南本宿小

両校でつなぐ水田活動 教育

コロナ禍で合同は中止に

11月5日号

コロナ禍で迎えた20周年

鶴ヶ峰コミュニティハウス

コロナ禍で迎えた20周年 社会

記念企画で初の寄席

11月5日号

創業88年、確かな実績

お墓のことは市内最大の墓石展示場のある石半にご相談

http://www.ishi-han.co.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

一箱の古本持ち寄る

一箱の古本持ち寄る

南万騎が原、24日から

11月24日~11月29日

旭区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年11月19日号

お問い合わせ

外部リンク