旭区版 掲載号:2020年2月13日号 エリアトップへ

相鉄線西谷―二俣川駅間 立体交差事業で素案作成 13・15日、市が説明会

社会

掲載号:2020年2月13日号

  • LINE
  • hatena
踏切を起点に慢性的な渋滞が発生する鶴ヶ峰2号踏切
踏切を起点に慢性的な渋滞が発生する鶴ヶ峰2号踏切

 踏切を無くし交通渋滞解消を目指す「(仮称) 相模鉄道本線(鶴ヶ峰駅付近)連続立体交差事業」の都市計画素案を、このほど横浜市が作成した。市では同素案の説明会を開催するほか、縦覧や公述申出も受け付ける。

 同事業は2016年3月、市内5区間の候補の中から「星川駅〜天王町駅」の次に行う事業区間として選定。西谷駅から二俣川駅間の踏切10カ所を無くし、渋滞解消や歩行者の安全性向上、災害時などにおける緊急活動の迅速化を図るとともに、鉄道によって分断されていた地域の一体化を実現させるのが目的だ。

 市では18年1月に道路と鉄道の交差方式を「地下化」に決定。同年9月には「計画段階配慮書」を作成し、事業化に向けた本格的な手続きを開始した。事業延長は約2・9Km。23年に着工し、33年度末までの完成を目指す予定だ。

公述申出は28日まで

 市は同素案の内容や今後の手続きについての説明会を、本日2月13日と15日(土)に開催する。旭公会堂で午後7時から8時30分までの予定(開場30分前)。内容は両日とも同じで、30分程度の説明後に質疑を受け付ける。

 同素案の写しは、14日(金)から28日(金)まで市建築局企画部都市計画課(中区相生町3の56の1KDX横浜関内ビル14階)のほか、旭区役所と保土ケ谷区役所の区政推進課で縦覧できる。同期間中、関係住民や利害関係者は、公聴会で意見を発表できる公述の申出も可能。28日必着で都市計画課へ郵送、または持参する。申出があった場合は3月27日(金)に旭公会堂で公聴会が開催される。

 問い合わせは、事業計画については市道路局建設部建設課【電話】045・671・2792、手続きと説明会の開催については市建築局企画部都市計画課【電話】045・671・2657へ。

 市と鶴ヶ峰駅北口周辺地区のまちづくりについて検討を進めてきた鶴ヶ峰駅北口地区再開発協議会の安藤公一理事長は「多くの地域の方に、事業への関心を持ってもらいたい」と話している。

旭区版のトップニュース最新6

コロナ関連も注意

振り込め詐欺

コロナ関連も注意 社会

対策へ区が補助金も

5月28日号

市、早期給付へ体制強化

特別定額給付金

市、早期給付へ体制強化 経済

「郵送」申請書発送開始へ

5月28日号

読書推進で文科大臣表彰

若葉台特別支援学校

読書推進で文科大臣表彰 教育

特色ある取り組み評価

5月21日号

医療と経済に重点配分

補正予算

医療と経済に重点配分 政治

林市長、コロナ対策語る

5月21日号

コロナ禍の医療現場 支援

旭RC

コロナ禍の医療現場 支援 社会

医師会にFS(フェイスシールド)を寄贈

5月14日号

市内外国人への支援拡充

横浜市

市内外国人への支援拡充 社会

パシフィコに日本語拠点

5月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月28日号

お問い合わせ

外部リンク