旭区版 掲載号:2020年2月20日号 エリアトップへ

旭区民を中心とした一般公募によるミュージカルを24日に開催する 木下 早苗さん 四季美台在住 

掲載号:2020年2月20日号

  • LINE
  • hatena

人の夢に自分の夢乗せて

 ○…2003年に始めて以来、毎年公演を重ね今年で21回目。プロデューサーとして脚本から作曲、衣装、歌指導まで行う。2017年からは春と夏の年2回開催。出演者は一般公募による旭区民が中心で、出演者全員にセリフを作る。「一人ひとりのパーソナリティーが大切」。作品はすべてわが子のように大切な宝物だ。

 ○…東京都出身。ピアノを本格的に始めたのは中学生のとき。「曲を1回聴けばすぐに弾けたから習う必要がなかった」と笑う。音楽大学に進学し、すぐに憧れの音楽教室を始めた。在学中の22歳で結婚し、夫の実家がある旭区へ。「地域に根付いて教室を続けよう」と決意し、「フォルティシモ市沢教室」を開校した。生徒は年々増え続け、教室を拡大。1991年には(有)フォルティシモを設立。93年に総合音楽教室「音楽館」を西谷に開き、2001年に二俣川に教室を移転した。

 ○…二俣川教室でバレエレッスンを開始。音楽に乗せてドラマを演じる生徒たちを見て、ミュージカルに興味が湧いた。すぐに行動に移し、劇団からプロの指導者を呼び寄せた。世間のミュージカルブームも相まって、出演者の中からはプロとして活躍する子も。「表現することや一つのものを作り上げることは、子どもたちの自信につながる」。学校から学芸会がなくなるなど、芸術に親しむ機会が減る昨今だからこそ「ミュージカルを続けたい」と強く思う。

 ○…教室を始めて以来、休みは数えるほど。時には寝る間もないほど多忙だが、「苦じゃない。日常の一部」ときっぱり。「研究したり続けたりすることが楽しい。『こうしたらもっと良くなるのでは』と思うことを人に試してほしくなる。人の夢に自分の夢も乗せてる感じ」

<PR>

旭区版の人物風土記最新6

池谷 直樹さん

川井本町に稽古場を構え、地域向けのパフォーマンスや体操教室を行う

池谷 直樹さん

川井本町在勤 46歳

3月19日号

吉田 健二さん

横浜の街なかで自然体験イベントなどを主宰し、さまざまな雑草の魅力を発信する

吉田 健二さん

神奈川区在住 36歳

3月12日号

中山 憲一さん

横浜富士見丘学園の副校長で、地理研究部顧問を務める

中山 憲一さん

川崎市在住 61歳

3月5日号

那須 健二さん

(一社)横浜相撲甚句会の会長を務める

那須 健二さん

保土ケ谷区在住 79歳

2月27日号

木下 早苗さん

旭区民を中心とした一般公募によるミュージカルを24日に開催する

木下 早苗さん

四季美台在住 

2月20日号

千野 哲太さん

2月23日と24日にサンハートでサックスのリサイタルを開く

千野 哲太さん

笹野台在住 23歳

2月13日号

横浜市中区日本大通9番地

弁護士による無料交通事故相談と無料の示談あっせん制度

https://www.kanaben.or.jp/consult/by_content/consult25/index.html

2/24家族葬一般葬の相談会

費用・内容などさまざまな疑問や不安にお答えいたします。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

恒例の桜まつり

恒例の桜まつり

29日、左近山

3月29日~3月29日

旭区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

旭区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年3月26日号

お問い合わせ

外部リンク