旭区版 掲載号:2020年2月20日号 エリアトップへ

旭区民を中心とした一般公募によるミュージカルを24日に開催する 木下 早苗さん 四季美台在住 

掲載号:2020年2月20日号

  • LINE
  • hatena

人の夢に自分の夢乗せて

 ○…2003年に始めて以来、毎年公演を重ね今年で21回目。プロデューサーとして脚本から作曲、衣装、歌指導まで行う。2017年からは春と夏の年2回開催。出演者は一般公募による旭区民が中心で、出演者全員にセリフを作る。「一人ひとりのパーソナリティーが大切」。作品はすべてわが子のように大切な宝物だ。

 ○…東京都出身。ピアノを本格的に始めたのは中学生のとき。「曲を1回聴けばすぐに弾けたから習う必要がなかった」と笑う。音楽大学に進学し、すぐに憧れの音楽教室を始めた。在学中の22歳で結婚し、夫の実家がある旭区へ。「地域に根付いて教室を続けよう」と決意し、「フォルティシモ市沢教室」を開校した。生徒は年々増え続け、教室を拡大。1991年には(有)フォルティシモを設立。93年に総合音楽教室「音楽館」を西谷に開き、2001年に二俣川に教室を移転した。

 ○…二俣川教室でバレエレッスンを開始。音楽に乗せてドラマを演じる生徒たちを見て、ミュージカルに興味が湧いた。すぐに行動に移し、劇団からプロの指導者を呼び寄せた。世間のミュージカルブームも相まって、出演者の中からはプロとして活躍する子も。「表現することや一つのものを作り上げることは、子どもたちの自信につながる」。学校から学芸会がなくなるなど、芸術に親しむ機会が減る昨今だからこそ「ミュージカルを続けたい」と強く思う。

 ○…教室を始めて以来、休みは数えるほど。時には寝る間もないほど多忙だが、「苦じゃない。日常の一部」ときっぱり。「研究したり続けたりすることが楽しい。『こうしたらもっと良くなるのでは』と思うことを人に試してほしくなる。人の夢に自分の夢も乗せてる感じ」

よこはま直葬センター(家族葬)

シンプルなお葬式でも手厚いご供養いたします

https://www.yokohama-chokuso.com/

<PR>

旭区版の人物風土記最新6

秋山亭忠之さん(本名:秋山 忠之)

こども自然公園で初開催となる「新春・大池寄席」に出演し、講談を披露する

秋山亭忠之さん(本名:秋山 忠之)

柏町在住 59歳

1月13日号

齋藤 夕羽希(ゆうの)さん

横浜市「成人の日」記念行事実行委員会の委員長を務める

齋藤 夕羽希(ゆうの)さん

青葉区在住 20歳

1月6日号

木村 洋太さん

(株)横浜DeNAベイスターズの社長として球団の舵を取る

木村 洋太さん

都筑区出身 39歳

1月1日号

最首(さいしゅ) 悟さん

横浜市YouTubeチャンネルで現在公開中の、「やまゆり園事件」に関する講演動画に出演する

最首(さいしゅ) 悟さん

白根在住 85歳

12月16日号

緒方 湊さん

最年少の「野菜ソムリエプロ」として多くのメディアなどで活躍する

緒方 湊さん

13歳

12月9日号

及川 伊東志さん

神奈川の名工と称される「神奈川県卓越技能者」に選ばれた和裁士で、県和服裁縫協同組合の理事長

及川 伊東志さん

白根在住 66歳

11月25日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook