旭区版 掲載号:2020年2月20日号 エリアトップへ

〈連載【10】〉「産業展」に45事業者 懸命のアピール合戦 IRと横浜

掲載号:2020年2月20日号

  • LINE
  • hatena
IRのイメージ映像を流す「メルコ」のブース
IRのイメージ映像を流す「メルコ」のブース

 統合型リゾート(IR)に関するビジネスを紹介する展示会「統合型リゾート産業展」が1月29日、30日にパシフィコ横浜で行われた。

ブースでダンスショー

 展示会企画会社などが主催したもので、横浜では初開催。6つのIR事業者や建設会社、関連サービスを扱う45事業者が参加。すでに海外でカジノを含むIRを運営し、横浜への参入を目指す米国の「ラスベガス・サンズ」「ウィン・リゾーツ」、香港の「メルコリゾーツ&エンターテインメント」といったIR事業者はブース内でダンスショーなどのパフォーマンスを披露。経営トップの講演もあり、IRの方針を示した。

 参加したIR事業者の中で唯一の日本法人である「セガサミーホールディングス」は、産業展会場で京都の有名店「京都吉兆」の料理を提供。同店とプロデュース契約を結び、IR施設内に料亭旅館を設ける計画を明らかにした。さらに、同社が母体の「セガサミー文化芸術財団」が4月に中区北仲通にダンスパフォーマンス拠点を開設することも発表。同社は昨年9月に赤レンガ倉庫で音楽とダンス、ドローンを組み合わせたショーを3日間開催。産業展で講演した里見治紀社長は「ショーを観た方からは『これが無料で観られるとは』と喜んでいただいた。IRに参入できれば、このようなショーを横浜で毎日開ける」と自信をのぞかせた。

「決定まで静観」も

 すでに横浜では事業者によるアピール合戦が始まっており、知名度アップを図ろうと、イベントへ協賛金を出したり、駅に広告を掲出する事業者もある。しかし、産業展に出展した別の事業者の担当者は「正式にIR誘致が決まるまでは、イベントや協賛などの目立つ動きはしづらい。今はIRを正しく理解してもらうことが重要」と当面は静観する構えだとした。

 29日は会場のパシフィコ周辺や桜木町駅前でIR誘致に反対する市民団体らが「横浜にカジノはいらない」などと書かれた幕を掲げ、産業展の来場者らにアピールする姿も見られた。
 

旭区版のコラム最新6

横浜とシュウマイと私

連載コーナー【6】

横浜とシュウマイと私

「チルドの祖も横浜発祥」

9月16日号

横浜とシュウマイと私

連載コーナー【5】

横浜とシュウマイと私

「駅ナカ×中華街=横浜新名物」

8月19日号

会社と地域を元気に

会社と地域を元気に

神奈川県中小企業家同友会

6月24日号

横浜とシュウマイと私

連載コーナー【4】

横浜とシュウマイと私 社会

「中華街は第二世代?」

6月17日号

横浜とシュウマイと私

連載コーナー【3】

横浜とシュウマイと私 社会

「中華街は多様でシュウマイ」

6月3日号

横浜とシュウマイと私

連載コーナー【2】

横浜とシュウマイと私

「横浜が聖地の理由」

5月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook