旭区版 掲載号:2020年4月16日号 エリアトップへ

日本産アロマ研究家として、市内外で活動する 高橋 久美子さん 市沢町在住 48歳

掲載号:2020年4月16日号

  • LINE
  • hatena

香りで伝える植物の力

 ○…日本産アロマ研究家として自宅でサロンを開き、アロマトリートメントやワークショップを展開。植物から作った精油をさまざまな形で活用し、その魅力を伝えている。「小さな瓶の蓋を開けると、香りで穏やかな気持ちになれる」と魅力を語る。

 ○…植物好きが高じてアロマの勉強を始めたのは15年ほど前。資格を取り、9年前に現在の自宅へ移ったことを契機にサロンを始めた。「資格を取った当時は精油に使われる材料のほとんどが海外産だった」というが、近年では日本産も増加。その中でも爪楊枝などに使われる「クロモジ」の香りに惹かれ、その良さを伝えたいと日本産のアロマに注力してきた。「クロモジは安眠にもいい。日本にもたくさんの植物があるけど、それぞれの香りで作用も違って植物の力はすごい」。自宅の庭にはたくさんの植物があり、緑に囲まれた毎日を過ごしている。

 ○…今年2月には県西部の松田町で余っていたユズから作った精油を商品化。「自分でアロマを作る夢が叶った」と笑みを見せ、神奈川県産のアロマとして売り出された。さらに同町のレモンを使った精油も5月に発売予定で、両商品はふるさと納税の返礼品にも登録されるという。「いつか自分の住む旭区の材料で作れたらいいな」

 ○…1月から2月にかけては、二俣川小学校で児童に向けた香りの体験教育「香育」を実施。精油を作る過程を間近で見せ、校内で育ったユズやレモンを使った蒸留水で児童たちと一緒にアロマスプレーを作った。子どもたちに対してアロマを教える機会はこれまで少なかったが、「今後も依頼があれば、もっと子どもたちにアロマについて教えていきたい」。世代を問わずアロマの魅力を伝えていく。

旭区版の人物風土記最新6

島貫 芳明さん

「大人の塗り絵コンテスト 懐かしいおもちゃ編」で入選を果たした

島貫 芳明さん

若葉台在住 103歳

4月15日号

和田 敏明さん

旭区民文化センター「サンハート」の館長に就任した

和田 敏明さん

二俣川在勤 60歳

4月8日号

シュウマイ潤さん(本名:種藤(たねふじ) 潤)

横浜をシュウマイの聖地と位置づけ、その魅力を発信するシュウマイ研究家

シュウマイ潤さん(本名:種藤(たねふじ) 潤)

横浜国大出身 43歳

4月1日号

谷原 章介さん

朝のニュース情報番組で初のメインキャスターを務める

谷原 章介さん

横浜市出身 48歳

3月25日号

岡田 隆雄さん

今年度40周年を迎えた横浜市シルバー人材センターの理事長を務める

岡田 隆雄さん

金沢区在住 62歳

3月18日号

伊丸岡 亮太さん

旭スポーツセンターに勤務して講座などを担当する

伊丸岡 亮太さん

川島町在勤 33歳

3月11日号

公明党横浜市議団

いよいよ本日、4月8日から横浜の中学校給食がスタート!

https://www.kiuchi-hidekazu.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク