旭区版 掲載号:2020年10月22日号 エリアトップへ

土砂災害レッドゾーン 旭区内に95区域 県が今年度中に正式指定

社会

掲載号:2020年10月22日号

  • LINE
  • hatena
調査結果に含まれた、こども自然公園内のがけ地付近
調査結果に含まれた、こども自然公園内のがけ地付近

 神奈川県は土砂災害から命を守るため現在、土砂災害特別警戒区域の指定を進めている。指定に向けた旭区内の基礎調査結果がこのほど公表され、95区域が該当していることがわかった。県は今後、横浜市への意見照会や地権者向けの個別相談会などを行い、2020年度中に正式な区域を指定する予定だ。

 同事業は2001年に施行された土砂災害防止法に基づき、全国で実施されているもの。土砂災害の恐れがある「土砂災害警戒区域」(イエローゾーン)と、イエローゾーン内で建築物に損壊が生じ、住民に大きな被害が出る可能性のある「土砂災害特別警戒区域」(レッドゾーン)の調査と指定が行われる。レッドゾーンに指定された区域では宅地分譲のほか、高齢者施設や病院・学校など要配慮者利用施設の建築に伴う開発などに県の許可が必要になるなどの制限が発生する。

イエロー指定は完了

 横浜市内では、イエローゾーンの指定が13年度までに完了。市全体で2423区域、旭区内で114区域が指定されている(19年12月20日現在)。

 レッドゾーンの指定は南区・磯子区など5区ですでに完了。旭区・緑区など8区は調査が完了し結果を公表中、残りの5区でも現在調査が進められている。市内のレッドゾーンの指定は現状700区域。旭区内は基礎調査の段階で95区域となっている。基礎調査結果や警戒区域などは「神奈川県土砂災害情報ポータル」で検索し閲覧できる。神奈川県県土整備局の担当者は「まだ、台風や大雨の可能性がある時期です。平常時に県のポータルサイトで警戒区域を確認するなどご活用ください」と話す。

旭区版のトップニュース最新6

“蔵さくら”に感謝

さちが丘

“蔵さくら”に感謝 社会

伐採惜しみコンサート

12月3日号

万騎が原男子が関東へ

中学駅伝

万騎が原男子が関東へ スポーツ

県4位で9年ぶりに

12月3日号

年度内に8年ぶり改定へ

横浜特別自治市大綱

年度内に8年ぶり改定へ 社会

市、引き続き国へ要望

11月26日号

オンラインで世界と交流

星槎高

オンラインで世界と交流 社会

30カ国、2万人が参加

11月26日号

全国推進組織が発足

全国推進組織が発足 社会

27年の国際園芸博に向け

11月19日号

夏以降、増加傾向に

横浜市内自殺者

夏以降、増加傾向に 社会

市、若年層にネット活用

11月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

サンタの家を見つけよう

ジョイナステラス

サンタの家を見つけよう

小学生以下、6日まで募集

12月19日~12月25日

旭区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

旭区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年12月3日号

お問い合わせ

外部リンク