旭区版 掲載号:2020年11月26日号 エリアトップへ

星槎高 オンラインで世界と交流 30カ国、2万人が参加

社会

掲載号:2020年11月26日号

  • LINE
  • hatena
Zoomなどを通したプレゼンテーション
Zoomなどを通したプレゼンテーション

 若葉台の星槎高等学校で11月14日、国際交流イベント「SEISA Africa Asia Bridge2020」(SAAB)が開催された。今年は新型コロナウイルス対策のためにオンラインを中心に企画され、世界30カ国、約2万人がつながった。

 同校を含め、全国各地に幼稚園や学校などを持つ星槎グループ。SAABは同グループが年に1度実施しているイベントで、アフリカ・アジアなどの国とつながる架け橋となることを目的に、今年で6回目を迎えた。昨年までは大使館関係者をはじめ、国内外から多数の関係者が同校に集って行われてきたが、今年はコロナ対策の観点からインターネットを活用したオンラインでの企画を中心に開催された。

動画でライブ配信

 当日は動画配信サイト・YouTubeで6つのチャンネルが設けられ、同校やJICA横浜=中区=会場などの取り組みをリアルタイム・録画で配信。ミャンマーの暮らしを伝えるライブ中継やアスリート・パラアスリートのトークイベント、演劇などが行われ、各会場や画面を通して世界30カ国がつながり、約2万人が参加した。

 SDGs(持続可能な開発目標)をテーマに、全国各地のグループ校などに通う生徒らが未来について各自の考えをプレゼンテーションする「sTED」も実施。会場での登壇、Zoomでのオンライン配信、録画した映像の放送などを通じ、差別や貧困、フェアトレードといった項目について、熱弁を振るった。

 同校スタッフは「感染症対策を入念に行い、学びと関わり合いの輪を広げることができた。来年も引き続き皆さまと共にSAABを作っていきたい」と話した。

よこはま直葬センター(家族葬)

シンプルなお葬式でも手厚いご供養いたします

https://www.yokohama-chokuso.com/

<PR>

旭区版のトップニュース最新6

女子サッカー部を設立

旭高校

女子サッカー部を設立 スポーツ

部員3人から大会目指す

5月19日号

27年開催へ機運醸成

横浜国際園芸博旭区協議会

27年開催へ機運醸成 社会

コロナ禍で1年ぶり

5月19日号

今夏、3年ぶり開催へ

横浜旭ジャズまつり

今夏、3年ぶり開催へ 文化

5月22日にプレイベント

5月12日号

活動報告をデジタル化

横浜市消防団

活動報告をデジタル化 社会

負担減へ一部先行導入

5月12日号

市が受入・定着を後押し

外国の介護人材

市が受入・定着を後押し 社会

事業所にセミナーと研修

5月5日号

被害額が2250万円増

特殊詐欺被害 1−3月期

被害額が2250万円増 社会

「カード不正利用」騙り電話

5月5日号

あっとほーむデスク

  • 5月5日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook