旭区版 掲載号:2020年12月3日号 エリアトップへ

さちが丘 “蔵さくら”に感謝 伐採惜しみコンサート

社会

掲載号:2020年12月3日号

  • LINE
  • hatena
切り株を前に行われたコンサート
切り株を前に行われたコンサート

 地域住民に愛されるさちが丘の”蔵さくら”と呼ばれる大樹が宅地開発により伐採。桜への感謝の気持ちを表すため、地域住民らでつくる「蔵さくらお別れ会実行委員会」(西村直子リーダー)が主催し11月21日、「お別れミニ・コンサート」が開催された。

 「蔵さくら」があったのは、二俣川駅北口から二俣川小学校方面の丘を上がった先の住宅街の一角の民有地。宅地開発されることを知った西村さんらは「どうにか桜を残せないか」という思いから「蔵さくら保全会」を結成。署名活動を通し、保全に向けた試みを行ってきた。しかし、開発計画は進み9月4日、桜は伐採された。

演奏と合唱で別れ

 お別れ会は「広く多くの人に愛された”蔵さくら”に感謝の気持ちを伝えたい」という住民らの思いで計画された。開発を行う三井不動産レジデンシャル(株)も「保全会主催であれば」と場所を提供。参加者が歩きやすいようにと会の開催を前に造成工事の下準備を行ったという。

 当日は、地域住民ら約140人が参加した。西村さんの友人の孫で、桐朋学園大学音楽部2年生の飯塚歩夢さん(瀬谷区)がバイオリンを生演奏。『千の風になって』『川の流れのように』のほか、最後は『童謡 故郷』が参加者の合唱に合わせて演奏された。飯塚さんは「多くの人たちに愛されている桜。皆さんのお気持ちに寄り添えるような選曲をしました」と話した。

 また、西村さんは「お別れ会が桜への感謝と祈りの日になれば」と話した上、「伐採された桜は腐っているわけではないので、可能性があるのであれば、桜の株をどこかに移植できれば」と思いを語った。

伐採前の“蔵さくら″=同会提供
伐採前の“蔵さくら″=同会提供

旭区版のトップニュース最新6

「住み続ける」旭区がトップ

市民意識調査

「住み続ける」旭区がトップ 社会

「自然が身近」と回答3割

4月15日号

相鉄バスが自動運転試行

左近山

相鉄バスが自動運転試行 社会

今夏、営業運行の実験へ

4月15日号

ツシマヤマネコ 繁殖成功

ズーラシア

ツシマヤマネコ 繁殖成功 社会

人工授精で国内初

4月8日号

地元読者が「推し本」紹介

くまざわ書店二俣川店

地元読者が「推し本」紹介 文化

特設コーナーで26日まで

4月8日号

2年振りに春の開催

里山ガーデン

2年振りに春の開催 文化

一方通行など感染対策

4月1日号

市が補助制度拡充

感震ブレーカー

市が補助制度拡充 社会

対象地域、新たに6区

4月1日号

公明党横浜市議団

いよいよ本日、4月8日から横浜の中学校給食がスタート!

https://www.kiuchi-hidekazu.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク