旭区版 掲載号:2021年2月25日号 エリアトップへ

感染症予防専門医に聞く 「予防疲れにご注意を!」

掲載号:2021年2月25日号

  • LINE
  • hatena
岩室紳也医師
岩室紳也医師

 緊急事態宣言が延長された。長引くコロナ禍での感染防止対策について、感染症予防専門医の岩室紳也医師に寄稿していただいた。

●予防法は今も昔も同じ

 新型コロナウイルス感染症が増えている中、「こんなに生活を制限しているのにどうして減らないの」や「マスクも手洗いも徹底しているのにこれ以上何をすればいいの?」という思いになっている方が増えています。でも、感染症予防について長年取り組んできた私の生活は基本的に変わっていません。

●感染経路を考えよう

 ウイルスがどこから、どこへ、どうやって移動して感染するかを理解すればいいのです。新型コロナウイルスは水分に包まれた大小サイズの飛沫の状態で感染している人から出て、感染する人の目、鼻、喉の粘膜から感染します。ウイルスを含んでいる水分の量の違いで、飛び方が異なるエアロゾル(5マイクロメートル未満)と飛沫(5マイクロメートル以上)を区別します。

●どこから【1】エアロゾル

 ウイルスを包んでいる水分が少ないエアロゾルは1時間程度、10メートルぐらいの範囲を漂います。マスクをしていると口の中が温まり、エアロゾルをより多く排出し、ポリウレタンや布マスクは素通りします。エアロゾルによる感染を防ぐには、エアロゾルを含んでいる空気を室外に排気することです。換気扇を作動させたり窓を開けたりするだけではなく、室外に向けた空気の流れを扇風機等で作りましょう。

●どこから【2】飛沫

 エアロゾルより大きい飛沫は最大で2メートル飛び落下します。相手の顔に飛沫をかけない。調理や配膳をする人は飛沫予防にならないポリウレタンマスクやマウスシールドではなく、不織布マスクを使って料理に飛沫をつけないようにすることが不可欠です。

●どこから【3】唾液

 キスで唾液が相手の口の中に入りますので、覚悟してしましょう。

●どこから【4】媒介物

 エアロゾル、飛沫、唾液は最終的に落下し、手や料理を含めたいろんな媒介物を経由して感染します。目をこすらない、鼻に指を入れない、指をくわえないが基本ですが、子どもたちはしてしまいますので、手をこまめに洗わせます。手洗い後に蛇口の栓をひねって締めるとまた手にウイルスが付着しますのでレバー式蛇口に切り替えましょう。大人は口に物を入れる飲食や喫煙の直前に手洗いやアルコールで手のウイルスを除去しましょう。

 以上を守れば感染予防は容易ですが、人にはついうっかりもあります。お互いの声掛けで感染予防の輪を広げましょう。

■岩室紳也医師プロフィ

ール/ヘルスプロモーション推進センター・オフィスいわむろ代表、自治医科大学医学部医学科卒、厚木市立病院泌尿器科医師。神奈川県立がんセンター泌尿器科・厚木保健所予防課長など経て現職。自治体や学校などで講演活動も精力的に行う。テレビ出演多数。横浜市旭区在住

公明党横浜市議団

いよいよ本日、4月8日から横浜の中学校給食がスタート!

https://www.kiuchi-hidekazu.com/

<PR>

旭区版のコラム最新6

横浜とシュウマイと私

連載コーナー【1】

横浜とシュウマイと私

「令和はシュウマイの時代」

4月1日号

「予防疲れにご注意を!」

感染症予防専門医に聞く

「予防疲れにご注意を!」

2月25日号

20万8千筆の署名提出

〈連載【15】〉住民投票求める市民団体 IRと横浜

20万8千筆の署名提出

11月26日号

市、追加調査で準備進める

〈連載【14】〉国の申請受付が延期に IRと横浜

市、追加調査で準備進める

10月29日号

誘致計画、不透明さ増す

〈連載【13】〉市、実施方針公表を再延期 IRと横浜

誘致計画、不透明さ増す 社会

9月10日号

2つの署名活動 秋に開始

〈連載【12】〉リコール、住民投票求める IRと横浜

2つの署名活動 秋に開始

9月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

旭区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月8日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク