旭区版 掲載号:2021年4月15日号 エリアトップへ

「大人の塗り絵コンテスト 懐かしいおもちゃ編」で入選を果たした 島貫 芳明さん 若葉台在住 103歳

掲載号:2021年4月15日号

  • LINE
  • hatena

「人との交流」が若さの源

 ○…河出書房新社主催の「大人の塗り絵コンテスト」に幼い頃遊んだやっこ凧の塗り絵を応募し、懐かしいおもちゃ編で入選作品に選ばれた。100歳過ぎて始めた塗り絵。若葉台中央自治会老人会「やまゆり会」の大人の塗り絵・切り絵サークルに毎週参加し、歌を口ずさんでご機嫌に色付けを楽しんでいる。ユーモア溢れる語り口で周囲を和ませ、70代中心のサークル仲間からも慕われる。「大好きな塗り絵を介して皆さんと交流できうれしい」と笑う。

 ○…豪雪地の山形出身で、雪道と格闘し精神力を培った。17歳で東京・両国に。卸問屋の丁稚奉公として日用品を自転車に積み販売した。青春時代は戦争真っ只中。盧溝橋事件後すぐ20歳で徴兵され2年半ほど中国へ。帰国した翌年に再び赤紙が届き、太平洋戦争半年前に満州に派遣され、当時のソ連との国境警備を任された。2度の召集が考慮され戦争の最中に帰国を許されて、様々な港を経由し帰還。その後は相模原の造兵廠に勤めて終戦を迎えた。「戦地を2度経験したけど、ケガもせず運がよかったね」

 ○…戦後間もない頃は妻子を養うため、闇屋としてサツマイモなどを食糧難の人々に提供。「皆互いに助け合い生きた時代だった」。30歳の時に三菱重工に入社し、高い技術力を持つクレーン工として定年まで勤務。現役引退後もクレーン技術を生かした仕事や病院警備員と、75歳まで仕事に励んだ。「熱心に魂込めて仕事をすれば必ず光るところが出てくる」と現役世代にエールを送る。

 ○…40代から浪曲を習い芸名を持っていた趣味人でもある。元気の秘訣はしっかり食べることで、好き嫌いなく毎食完食する。人生訓通り「朗らかに人を恨まず、助け合う」生き様が周りの人々に希望を与える。

旭区版の人物風土記最新6

丹野 康佑さん

認知症サポーター養成講座のボランティア講師団体「旭区ひまわりの会」の代表になった

丹野 康佑さん

南希望が丘在住 80歳

5月7日号

飯笹 光男さん

横浜ガストロノミ協議会の理事長に就任した

飯笹 光男さん

西区在勤 57歳

4月22日号

島貫 芳明さん

「大人の塗り絵コンテスト 懐かしいおもちゃ編」で入選を果たした

島貫 芳明さん

若葉台在住 103歳

4月15日号

和田 敏明さん

旭区民文化センター「サンハート」の館長に就任した

和田 敏明さん

二俣川在勤 60歳

4月8日号

シュウマイ潤さん(本名:種藤(たねふじ) 潤)

横浜をシュウマイの聖地と位置づけ、その魅力を発信するシュウマイ研究家

シュウマイ潤さん(本名:種藤(たねふじ) 潤)

横浜国大出身 43歳

4月1日号

谷原 章介さん

朝のニュース情報番組で初のメインキャスターを務める

谷原 章介さん

横浜市出身 48歳

3月25日号

きもの和五十鈴

5/1~5/5 ヘアセット・メイク体験会(通常1万2000円相当が無料)

http://kimonowaisuzu.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter