旭区版 掲載号:2021年8月19日号 エリアトップへ

モヤ→キラ委員会@旭の委員長を務める 林 貴子さん 今宿在住 51歳

掲載号:2021年8月19日号

  • LINE
  • hatena

キラキラの笑顔を旭区に

 ○…人生の転機や孤立、生きづらさを感じる中で「何かをしたい」とモヤモヤしている女性が一歩を踏み出すきっかけになればと4月に「モヤ→キラ委員会@旭」を立ち上げた。キャッチフレーズは「わたしらしく生きるを応援する!」。発起人7人の中で最年少ながら、PTAや子ども会活動の経験を買われ、委員長を務める。

 ○…大学卒業後、CA(キャビンアテンダント)として勤務したが出産を機に退職。主婦として子育てに専念したものの幼い子どもを連れては気軽に外出もできない日々。各地を飛び回っていたCA時代との違いに「こんな風に終わっていくのか」とモヤモヤが広がった。気分を晴らしてくれたのはママ友と始めたハンドメイド。友人に後押しされ、作家を集めて自宅で定期的にマルシェを開くまでになった。「背中を押してくれた友人のように私も何か力になりたい」。その思いが今につながっている。

 ○…家族は夫、娘2人、柴犬1匹。友人に誘われ初心者向けカメラ講座に参加したのをきっかけに夫から一眼レフを借りて愛犬の撮影をするようになった。次第に「可愛いく撮りたい欲が出てしまった」と虜に。機材を揃え、SNSに写真を投稿すると撮影の依頼がいくつも舞い込んだ。以来「えがおクリエイション」と名乗り、フォトグラファーとして活動する。「笑顔につながることは何でもやります」

 ○…旭区の支援も受け今秋から座談会やセミナー、マルシェなど、本格的に活動を開始する。現在はその準備や会員集めに奔走。5年ほど前から同様の活動を行う都筑区の団体にも参加して学びも深めている。「入会メンバーからやってみたいことなどの意見をもらって活動を広げたい」。”キラキラ”を旭区内に広げる。

あさひ区民利用施設協会

スタッフ大募集!2022年1月5日応募用紙必着。045・360・3636

http://www.asahikushisetsukyoukai.jp/

<PR>

旭区版の人物風土記最新6

緒方 湊さん

最年少の「野菜ソムリエプロ」として多くのメディアなどで活躍する

緒方 湊さん

13歳

12月9日号

及川 伊東志さん

神奈川の名工と称される「神奈川県卓越技能者」に選ばれた和裁士で、県和服裁縫協同組合の理事長

及川 伊東志さん

白根在住 66歳

11月25日号

菅原 康太さん

左近山団地で住民対象の撮影会「左近山とわたし」を開催している写真家

菅原 康太さん

栄区在住 40歳

11月18日号

青木 保潔(やすゆき)さん

(公財)日本補助犬協会の理事で、盲導犬ユーザーでもある

青木 保潔(やすゆき)さん

矢指町在住 58歳

11月11日号

新川(にっかわ) 敬一さん

「かながわFARM21発表会」農業青年主張の部で県知事賞を受賞した

新川(にっかわ) 敬一さん

今宿南町在住 29歳

11月4日号

沼田 真一さん

「あさひブックデイ」を主催する旭区まちづくりポットの代表を務める

沼田 真一さん

鶴ヶ峰在住 43歳

10月28日号

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook