旭区版 掲載号:2021年10月14日号 エリアトップへ

「ようちえんカフェ&マルシェ」を主催する上白根幼稚園の園長 岩崎 泉さん 上白根在住 64歳

掲載号:2021年10月14日号

  • LINE
  • hatena

「楽しい」が行動の原点

 ○…白根通り沿いの上白根幼稚園駐車場で毎週木曜日に開催されている「ようちえんカフェ&マルシェ」。移動販売のカフェは地元企業とタイアップし5月から実施。催しを行う中で、道行く高齢者から「家から近いこの場所で野菜などが買えたらいいのに」と声を掛けられ、地域商店の商品を扱ったマルシェも展開し始めた。現在は米や野菜、パン、建物の悩みに応えるよろず相談など10店舗が出店している。「商売のためだけでなく面白そうだからと参加してくれている」と笑う。

 ○…上白根出身の地元人で白根小の卒業生。学生時代はスポーツに熱中し、神奈川区にある浅野中学・高校ではサッカー部、明治大学ではラグビークラブチームに所属した。俳句を嗜む祖父と父のDNAを受け継いだ文学好きで、大学では日本文学を専攻。卒業後は浅野中高時代の恩師に憧れ、母校で国語科教諭とラグビー部顧問兼監督に就き31年間勤めた。「私学ならではの自由にやりたい授業ができるのが楽しかった。『舞姫』などを教材に一冊まるまる読解したこともあった」

 ○…上白根幼稚園には2011年から携わり、2年後に父から園長職を引き継いだ。理念は「子どもたちに主体性の種を蒔く」。「10年先、20年先にその子が夢中になれるものを見付け主体的に生きられるよう、遠くから援助する」と話す。そのために幼児期の子どもが主体性を発揮できる遊びを重視し、やる自由・辞める自由を尊重する。

 ○…家でも、孫と遊んでいても片時も本を手放さない本の虫。幼稚園教諭にも自身が感銘を受けた本を勧めることもしばしば。「その子に幸せになってほしいなら、幸せとはと考える哲学の視点も欠かせない」と語る。幼児教育のあるべき姿を日々問いかけ続ける。

旭区版の人物風土記最新6

及川 伊東志さん

神奈川の名工と称される「神奈川県卓越技能者」に選ばれた和裁士で、県和服裁縫協同組合の理事長

及川 伊東志さん

白根在住 66歳

11月25日号

菅原 康太さん

左近山団地で住民対象の撮影会「左近山とわたし」を開催している写真家

菅原 康太さん

栄区在住 40歳

11月18日号

青木 保潔(やすゆき)さん

(公財)日本補助犬協会の理事で、盲導犬ユーザーでもある

青木 保潔(やすゆき)さん

矢指町在住 58歳

11月11日号

新川(にっかわ) 敬一さん

「かながわFARM21発表会」農業青年主張の部で県知事賞を受賞した

新川(にっかわ) 敬一さん

今宿南町在住 29歳

11月4日号

沼田 真一さん

「あさひブックデイ」を主催する旭区まちづくりポットの代表を務める

沼田 真一さん

鶴ヶ峰在住 43歳

10月28日号

岩崎 泉さん

「ようちえんカフェ&マルシェ」を主催する上白根幼稚園の園長

岩崎 泉さん

上白根在住 64歳

10月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook