旭区版 掲載号:2021年10月14日号 エリアトップへ

「ようちえんカフェ&マルシェ」を主催する上白根幼稚園の園長 岩崎 泉さん 上白根在住 64歳

掲載号:2021年10月14日号

  • LINE
  • hatena

「楽しい」が行動の原点

 ○…白根通り沿いの上白根幼稚園駐車場で毎週木曜日に開催されている「ようちえんカフェ&マルシェ」。移動販売のカフェは地元企業とタイアップし5月から実施。催しを行う中で、道行く高齢者から「家から近いこの場所で野菜などが買えたらいいのに」と声を掛けられ、地域商店の商品を扱ったマルシェも展開し始めた。現在は米や野菜、パン、建物の悩みに応えるよろず相談など10店舗が出店している。「商売のためだけでなく面白そうだからと参加してくれている」と笑う。

 ○…上白根出身の地元人で白根小の卒業生。学生時代はスポーツに熱中し、神奈川区にある浅野中学・高校ではサッカー部、明治大学ではラグビークラブチームに所属した。俳句を嗜む祖父と父のDNAを受け継いだ文学好きで、大学では日本文学を専攻。卒業後は浅野中高時代の恩師に憧れ、母校で国語科教諭とラグビー部顧問兼監督に就き31年間勤めた。「私学ならではの自由にやりたい授業ができるのが楽しかった。『舞姫』などを教材に一冊まるまる読解したこともあった」

 ○…上白根幼稚園には2011年から携わり、2年後に父から園長職を引き継いだ。理念は「子どもたちに主体性の種を蒔く」。「10年先、20年先にその子が夢中になれるものを見付け主体的に生きられるよう、遠くから援助する」と話す。そのために幼児期の子どもが主体性を発揮できる遊びを重視し、やる自由・辞める自由を尊重する。

 ○…家でも、孫と遊んでいても片時も本を手放さない本の虫。幼稚園教諭にも自身が感銘を受けた本を勧めることもしばしば。「その子に幸せになってほしいなら、幸せとはと考える哲学の視点も欠かせない」と語る。幼児教育のあるべき姿を日々問いかけ続ける。

旭区版の人物風土記最新6

宮藤 涼一さん

旭区民文化センター・サンハートで銅版画の個展を開いている

宮藤 涼一さん

泉区在住 72歳

6月30日号

屋代崎 信也さん

ひかりが丘地域ケアプラザで7月11日まで美術作品などの展示を行う

屋代崎 信也さん

西ひかりが丘在住 85歳

6月23日号

松本 雄一郎さん

旭区PTA連絡協議会の会長に就任した

松本 雄一郎さん

中尾在住 38歳

6月16日号

古瀬 純司さん

神奈川県立がんセンターの総長を務める

古瀬 純司さん

千葉県在住 65歳

6月2日号

天野 一枝さん

5月29日(日)に旭公会堂でチャリティー発表会を開く旭区舞踊協会の会長

天野 一枝さん

中希望が丘在住 67歳

5月26日号

鈴木 洋之さん

4月に老人福祉センター横浜市福寿荘の館長に就任した

鈴木 洋之さん

白根在勤 46歳

5月19日号

あっとほーむデスク

  • 6月9日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年7月4日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook