神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
旭区・瀬谷区版 公開:2024年6月13日 エリアトップへ

いけ花展お茶会を開いたあさひ茶花道協会の会長を務める 小野木 富江さん 旭区在住 84歳

公開:2024年6月13日

  • X
  • LINE
  • hatena

楽しみながら茶花道触れて

 ○…茶道や花道(かどう)の各流派が連携し、文化の普及を目的に活動するあさひ茶花道協会。今年4月に同協会の6代目会長として就任。約40人が所属する組織の長として、周囲と連携しながら会をまとめている。6月8日と9日には、生け花の展示や実演、お茶席など楽しめる催しを旭公会堂で開いた。「多くの来場者に、伝統文化を楽しんでもらうことができた」と笑みを見せる。

 ○…茶道に触れ始めたのは30代後半。暮らしていた集合住宅の婦人会茶道部に参加したことがきっかけ。「高校時代、友だちに茶道部に誘われた時のことを覚えていたんです」と振り返る。後の師匠である裏千家の講師に教わるうちに、その歴史や積み重ねてきた文化の奥深さに興味を持つ。講師の家に通いながら経験を積み、「宗富(そうふ)」の茶名をさずけられた。主催する教室では、「楽しみながら学びましょう」というスタンスで開き、一度離れた人も習いにくるという。

 ○…生まれは東南アジアで、太平洋戦争が始まる約8カ月前に家族と日本へ。知人の紹介で神奈川区に移り住み、結婚以来旭区に住んでいる。さまざまなことに興味を持ち、手芸やお香、ゴルフなど挑戦してきた。「それでも、ずっと続けてきたのは茶道だけ。今でも学ぶことが多い」と魅力を語る。

 ○…会員数の減少を同協会の課題に挙げる。同世代の脱退だけではなく、「魅力的なものが多すぎて、若者が茶道や花道を目にする機会が減っているのではないか」と考え、文化を体験する機会を作り、幅広い年齢の人に魅力を知ってもらおうとしている。「なんとなくで始めたことが、人生で役立つことがある」と自らの経験について話し、楽しさが広まることを望む。

旭区・瀬谷区版の人物風土記最新6

福嶋 隆太郎さん

5月に横浜建設業協会の会長に就任した

福嶋 隆太郎さん

戸塚区在住 55歳

7月11日

種子田(たねだ) 太郎さん

旭消防署長を務める

種子田(たねだ) 太郎さん

鶴見区在住 56歳

7月4日

細川 直樹さん

瀬谷消防署長を務める

細川 直樹さん

旭区在住 55歳

6月27日

小野木 富江さん

いけ花展お茶会を開いたあさひ茶花道協会の会長を務める

小野木 富江さん

旭区在住 84歳

6月13日

加藤 正信さん

開館40周年を迎えた白根地区センターの館長を務める

加藤 正信さん

旭区白根在勤 61歳

6月6日

西 奎亮(けいすけ)さん

改築された細谷戸駐在所(瀬谷区)の駐在員として勤務している

西 奎亮(けいすけ)さん

瀬谷区瀬谷町在勤 28歳

5月30日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月4日0:00更新

  • 6月20日0:00更新

  • 5月16日0:00更新

旭区・瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook