瀬谷区版 掲載号:2013年9月26日号
  • googleplus
  • LINE

2013年度外務大臣表彰を受賞した 籾山 宣さん 下瀬谷在住 74歳

子どものために邁進する

 ○…日中間の教育交流に尽力したとして、2013年度外務大臣表彰を受賞。9月3日、日本人学校付属幼稚園園長を9年間務めた大連の地で表彰式が行われた。「今までやってきたことへのご褒美が貰えたとホッとしています」。帰国して職場に戻ると施設職員たちが手作りの花とメダルで出迎えてくれた。「こういうのがね、本当に嬉しいんですよ」と涙ぐむ。

 ○…理工学部へ進学。卒業後は建築士として働くものの、何度か幼稚園舎の設計に携わり「こんな仕事がしたい」と考えるようになった。子どもたちが遊びながら学ぶ場を自らの力で創りたい。「子どもが好きだったので、向いてるかなと思ったけど大冒険でしたよ」。幼児教育や運営を学びながら1964年、下瀬谷に念願の幼稚園を建設。2年後、運営を開始した。以降、子どもたちが健やかに育つための環境づくりに邁進する。2000年、中国で幼稚園を運営する知人から園長にとの依頼を受け「日本人の子どもたちに日本と同じ体験や経験をさせてあげたい」ただその一心で、大連へ旅立った。

 ○…2004年、大連日本人学校付属幼稚園園長に就任。「中国と日本の教育、国民性の違いに驚いた」。内面を育てることに重きを置く日本と、表面的な部分を磨く中国。その違いを痛感しながらも現地の幼稚園を何度も訪問し教育交流を積極的に進めた。小・中学校との連携教育を生かし、幼児教育に現地語のカリキュラムを導入したのも子どもたちに現地と親しんで貰うためだった。「中国とは過去に色々ある。でも、いったん仲良くなると良好関係は築けるもの」と滞在した12年間で実感した。

 ○…生まれ育った下瀬谷の地で妻、息子夫婦、孫との5人暮らし。休日にはゴルフやカメラ片手に散歩へ繰り出す。長い休みが取れれば海外へ撮影旅行へ行きたいとか。「でも飛行機が苦手で。3時間の大連がギリギリ」と無邪気に笑った。

暑中お見舞い申し上げます

永代供養墓 やすらぎの郷霊園 

永代使用料、永代供養料20万円~。管理費無料。宗教・宗派不問。生前申込受付中

http://www.y-yasuraginosato.jp/

公益社団法人保土ケ谷法人会

地域の経営者らが集い社会の健全な発展などのためにさまざまな活動を行っています

http://hodogayahojinkai.or.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

瀬谷区版の人物風土記最新6件

橘和 美優さん

国際コンクール受賞記念のバイオリンコンサートを8月19日に開く

橘和 美優さん

7月26日号

東(ひがし) 七男さん

荒れ地を花壇として整備した、みなみせやフラワーズの代表を務める

東(ひがし) 七男さん

7月12日号

久松 紘一さん

横浜瀬谷ロータリークラブの新会長に7月1日付で就任した

久松 紘一さん

7月5日号

高見 泰地さん

将棋の第3期叡王戦(ドワンゴ主催)で初タイトルを手にした

高見 泰地さん

6月28日号

伊藤 吉治さん

瀬谷区商店街連合会の新会長に就任した

伊藤 吉治さん

6月14日号

山谷 朋彦さん

5月に横浜建設業協会会長に就任した

山谷 朋彦さん

6月7日号

瀬谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

お問い合わせ

外部リンク