瀬谷区版 掲載号:2021年10月28日号 エリアトップへ

エゾビタキ文:今野紀昭(瀬谷環境ネット) 写真:中村多加夫(同) 瀬谷の生き物だより141

掲載号:2021年10月28日号

  • LINE
  • hatena

 秋は渡り鳥にとって移動の時期である。10月になるとツバメは南方に帰り、北の大陸からはハクチョウやガンが越冬の為日本に飛来する。そんな秋のとある日に、和泉川沿いの林や瀬谷市民の森の張り出した枯れ枝の先に止まる褐色の地味な鳥を目にする事がある。エゾビタキである。

 旅鳥として春秋に全国各地の平地から山地の林、林縁、公園の林などに渡来するが、秋は特に飛来数が多い。ヒタキ科の鳥で全長はスズメよりやや小さい14・5cm。雌雄同色で体上面は灰褐色、体下面は白色で明瞭な暗灰褐色の縦斑がある。よく見ると何とも愛らしい目をしている。

 ヒタキ科の特徴は英名のFlycatcher(フライキャッチャー)とある通り、枝の先から飛んでいる昆虫をめがけて飛び立ち、空中であっという間に捕食する姿は何とも見事である。よく似た仲間にはコサメビタキ、サメビタキが知られている。

 秋は木の実も食し、特にミズキの実を好んで食べる。海を越え東南アジア方面に渡って行く前に、十分な栄養を蓄えるべく盛んに木の実を食する姿を、近くの公園の林や和泉川沿いの林に追ってみるのはどうだろう。

瀬谷区版のコラム最新6

瀬谷の生き物だより 142

ルリタテハ文:清水道夫(瀬谷環境ネット) 写真:中村多加夫(同)

瀬谷の生き物だより 142

11月25日号

瀬谷の生き物だより141

エゾビタキ文:今野紀昭(瀬谷環境ネット) 写真:中村多加夫(同)

瀬谷の生き物だより141

10月28日号

花で地域に癒し

SDGs瀬谷区から未来を考えるvol.5

花で地域に癒し

瀬谷西高校

10月14日号

横浜とシュウマイと私

連載コーナー【7】

横浜とシュウマイと私

「『ラー博』で名シュウマイを」

10月7日号

瀬谷の生き物だより140

ショウジョウトンボ文:清水道夫(瀬谷環境ネット) 写真:中村多加夫(同)

瀬谷の生き物だより140

9月16日号

横浜とシュウマイと私

連載コーナー【6】

横浜とシュウマイと私

「チルドの祖も横浜発祥」

9月9日号

チョコのシュトーレン販売中

三ツ境のまちパン屋・ベーカリーサザンヴィラでお待ちしています。

http://southern-villa.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 11月25日0:00更新

  • 11月18日0:00更新

  • 11月11日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年11月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook