戸塚区版 掲載号:2013年1月31日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

飛び始める前が肝心 おたに耳鼻咽喉科

患部の状態を画像で見られるシステム。ドクターの説明はもちろん、自分の目で治療前後を確かめられる。「質問や不安点があれば、遠慮なくご相談ください」と尾谷良博院長
患部の状態を画像で見られるシステム。ドクターの説明はもちろん、自分の目で治療前後を確かめられる。「質問や不安点があれば、遠慮なくご相談ください」と尾谷良博院長

 「スギ花粉は飛散開始が認められる前から軽量が飛び始めます。なるべく早い時期から治療を始めるのがおすすめです」と話すのは区内原宿のおたに耳鼻咽喉科の尾谷良博院長。

飲み薬と点鼻薬で症状軽減

 スギ花粉症の治療は、他のアレルギー性鼻炎と同様に薬や注射、レーザー治療の3つに大別されるという。

 「飛散直前の今、いちばん有効なのが、飲み薬や点鼻薬など薬を使った治療法です。本格化する約2週間前から飲み始めると、発症を遅らせられたり、発症しても症状を軽減させることができます」。

 飛散前の初期治療を継続すれば、5年から10年で大きく改善できるという。「逆に初期治療をせず、いつも発症してから治療をしていると重症になる可能性も」と注意をよびかける。

「4月以降はレーザー治療が有効」

 シーズン終了後は鼻の粘膜にレーザー光を照射し、症状を緩和させるレーザー治療が「手軽で有効」と話す。薬の副作用を避けたい妊娠・授乳中の人にも好評だという。

 「お悩みの人は早めに専門医にご相談ください」。
 

花粉症対策はレーザー治療で おたに耳鼻咽喉科

戸塚区原宿4-15-7 栗田ビル2F

TEL:045-852-7087

http://www18.ocn.ne.jp/~otani/

戸塚区版のピックアップ(PR)最新6件

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

戸塚区版の関連リンク

あっとほーむデスク

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

初の地域共同イベント

戸塚町の多世代型住宅

初の地域共同イベント

4月7日 フリマや食事も

4月7日~4月7日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

お問い合わせ

外部リンク