戸塚区版 掲載号:2017年3月2日号 エリアトップへ

東俣野町内会 障害者支援施設と協定 災害時の協力を確認

社会

掲載号:2017年3月2日号

  • LINE
  • hatena
(右から)小賀原分団長、内藤会長、星野施設長、小永井副署長
(右から)小賀原分団長、内藤会長、星野施設長、小永井副署長

 東俣野町内会(内藤賢一会長)と社会福祉法人朝日の里が運営する障害者支援施設朝日塾(星野久子施設長)は2月10日、消防応援協力の覚書を締結した。今後、同施設や町内で災害が発生した際、初期消火や入所者の避難誘導、避難者の介護などの応援を相互に行っていく。

 締結式は同施設内で実施。戸塚消防署の小永井英美副署長と戸塚消防団第六分団の小賀原裕一分団長が立会い、星野施設長と内藤会長が覚書にサインをした。今回の覚書締結式は東俣野町内会からの申し入れで実施された。同町内会はすでに特別養護老人ホーム和みの園、介護老人保健施設ソフィア横浜とそれぞれ同様の覚書を締結しており、今回で3カ所目となる。

 同施設が毎年春に開催するイベントに近隣住民が参加したり、雪が降った際には町内会の会員が施設の周りを雪かきするなど、両者の関係はこれまでも良好だったという。星野施設長は「近隣の方が災害にあった際には、身を置く場として、また備蓄の提供で役に立てると思う。協力して被害にあう方を減らしていければ」と話した。また内藤会長は「締結は多くの命を救う命綱。さらによりよい関係を作りたい」と述べた。

よこはま直葬センター(家族葬)

シンプルなお葬式でも手厚いご供養いたします

https://www.yokohama-chokuso.com/

<PR>

戸塚区版のローカルニュース最新6

料理配達員に交通安全を

料理配達員に交通安全を 社会

 戸塚警察らが講習会

5月19日号

芸術楽しむ4日間

戸塚文化協会

芸術楽しむ4日間 文化

19日から 区内各所

5月19日号

プロ選手が幼児向け教室

女子サッカーシーガルズ

プロ選手が幼児向け教室 スポーツ

毎月2回 区内施設

5月19日号

39人の辞令交付式

戸塚消防団

39人の辞令交付式 社会

放水などの初任者研修も

5月19日号

常任・特別委が改選

横浜市会

常任・特別委が改選 政治

区選出議員 配属先が決定

5月19日号

中小企業6割が「未着手」

脱炭素

中小企業6割が「未着手」 経済

市、ガイドラインを作成

5月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月19日0:00更新

  • 5月12日0:00更新

  • 4月28日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook