戸塚区版 掲載号:2018年7月26日号 エリアトップへ

戸塚警察署辻本さん作 広報紙に県下最高賞 不審セールス注意を促す

社会

掲載号:2018年7月26日号

  • LINE
  • hatena

 県内各警察署が制作する広報紙のなかから優秀作を表彰する「ベスト・オブ・PR賞」がこのほど決定し、戸塚警察署の辻本康平さん(35)が作成した作品が、最高賞にあたる金賞を受賞した。不審なセールスマンへの注意を促すために作成したもので、わかりやすさや訴求力が評価された。

 「ベスト・オブ・PR賞」は、県内各警察署が定期発行する「交番だより」と、犯罪発生時などの緊急時に発行する「交番速報」の中から、それぞれ優秀作を選び表彰する取組み。年1回警察本部が審査し金賞・銀賞・銅賞・佳作を選定する。辻本さんの作品は「交番速報の部」の金賞に輝いた。

 今回の広報紙は、昨年7月5日に発行。同年6月下旬、下倉田地域に不動産販売のセールスマンを装った男が住宅を訪れ、トラブルになる事案が頻発したことを受けて作成された。「文字が多いとわかりにくいと思い、読みやすさを考えて作った」と辻本さんは話す。地域の警察官が下倉田地域を重点的に訪問し、この広報紙を配布したところ、同様の事案が発生しなくなったという。

「振り込め」対策も

 辻本さんは定期発行の「交番だより」等も作成している。紙面づくりのうえで特に力を入れているのが、振り込め詐欺の注意喚起だ。

 今年6月末現在、戸塚区では振り込め詐欺が昨年(19件)の3倍の57件発生している。区役所や百貨店、警察を名乗る者が「キャッシュカードの不正利用」や「医療費の還付金の払い戻し」を口実に自宅に訪れ、キャッシュカードを受け取っていくケースだ。交番だよりでも注意を促すほか、自宅の電話を留守番録音設定にすることを推奨している。辻本さんは「これからも必要な情報を、早くわかりやすく伝えていきたい」と話した。

戸塚区版のトップニュース最新6

演奏発表の場に「動画」活用

とつかストリートライブ運営委員会

演奏発表の場に「動画」活用 文化

コロナ禍の音楽活動 支援

1月28日号

コロナ禍で継続不安も

無形民俗文化財保護団体

コロナ禍で継続不安も 文化

市、新たな支援模索

1月28日号

火災件数 市内ワースト2

戸塚消防署管内

火災件数 市内ワースト2 社会

前年比は最も増加

1月21日号

伝統文化存続に貢献

東俣野凧の会

伝統文化存続に貢献 文化

近隣小学校で長年指導

1月21日号

ビール作りに支援集まる

市大・木原生物学研究所

ビール作りに支援集まる 教育

春と秋の販売目指す

1月14日号

コロナうつ「工夫し解消を」

区内精神科病院院長

コロナうつ「工夫し解消を」 社会

外出自粛時の心構え語る

1月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

リモートで戸塚の天体観測

【Web限定記事】横浜の星空さんぽ解説

リモートで戸塚の天体観測

2月13日・20日 踊場地区センター主催

2月13日~2月20日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク