戸塚区版 掲載号:2018年7月26日号 エリアトップへ

戸塚警察署辻本さん作 広報紙に県下最高賞 不審セールス注意を促す

社会

掲載号:2018年7月26日号

  • LINE
  • hatena

 県内各警察署が制作する広報紙のなかから優秀作を表彰する「ベスト・オブ・PR賞」がこのほど決定し、戸塚警察署の辻本康平さん(35)が作成した作品が、最高賞にあたる金賞を受賞した。不審なセールスマンへの注意を促すために作成したもので、わかりやすさや訴求力が評価された。

 「ベスト・オブ・PR賞」は、県内各警察署が定期発行する「交番だより」と、犯罪発生時などの緊急時に発行する「交番速報」の中から、それぞれ優秀作を選び表彰する取組み。年1回警察本部が審査し金賞・銀賞・銅賞・佳作を選定する。辻本さんの作品は「交番速報の部」の金賞に輝いた。

 今回の広報紙は、昨年7月5日に発行。同年6月下旬、下倉田地域に不動産販売のセールスマンを装った男が住宅を訪れ、トラブルになる事案が頻発したことを受けて作成された。「文字が多いとわかりにくいと思い、読みやすさを考えて作った」と辻本さんは話す。地域の警察官が下倉田地域を重点的に訪問し、この広報紙を配布したところ、同様の事案が発生しなくなったという。

「振り込め」対策も

 辻本さんは定期発行の「交番だより」等も作成している。紙面づくりのうえで特に力を入れているのが、振り込め詐欺の注意喚起だ。

 今年6月末現在、戸塚区では振り込め詐欺が昨年(19件)の3倍の57件発生している。区役所や百貨店、警察を名乗る者が「キャッシュカードの不正利用」や「医療費の還付金の払い戻し」を口実に自宅に訪れ、キャッシュカードを受け取っていくケースだ。交番だよりでも注意を促すほか、自宅の電話を留守番録音設定にすることを推奨している。辻本さんは「これからも必要な情報を、早くわかりやすく伝えていきたい」と話した。

戸塚区版のトップニュース最新6

特殊詐欺 阻止件数が倍増

戸塚区

特殊詐欺 阻止件数が倍増 社会

被害額は3700万円減

10月22日号

10月中に素案まとまる

次期とつかハートプラン

10月中に素案まとまる 社会

区民の意見募集開始へ

10月22日号

屋外デッキ地域に開放へ

戸塚町の大型物流施設

屋外デッキ地域に開放へ 社会

ブリヂストン跡地で着工

10月15日号

低糖質どら焼きを開発

横浜医療センター

低糖質どら焼きを開発 社会

原宿の和菓子店と共同

10月15日号

街路灯維持に揺らぐ

市内商店街

街路灯維持に揺らぐ 社会

補助金活用も改修費重荷

10月15日号

男子400m走で関東へ

舞岡高校2年野間さん

男子400m走で関東へ スポーツ

市内唯一の県3位入賞

10月8日号

有隣堂 楽しい講座がいっぱい!

1DAY講座&無料体験。秋から新しいこと始めよう

http://www.ms-yurindo.jp/shop_classroom/totsuka_cc/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

  • 4月23日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク