戸塚区版 掲載号:2018年7月26日号 エリアトップへ

仁天堂薬局のコラム 「きょうは漢方の話」 【4】夏風邪は胃腸の手当を

掲載号:2018年7月26日号

  • LINE
  • hatena
相談にあたる湯川
相談にあたる湯川

 夏風邪をひく方が増えてきています。酷暑による、冷房使用が要因の1つのようです。当薬局にも体調を崩された方のご相談が数多く寄せられてきています。

 体力を著しく低下させるのが特徴の夏風邪には、香蘇散(こうそさん)をよく使います。また食欲不振・下痢など胃腸の不調を来すことがよく見られますが、こちらには胃腸症状に効果がある補中益湯(ほちゅうえきとう)、十全大補湯(じゅうぜんたいほとう)などをお出しします。また、水分を多く取りすぎたことによる、体調不良には、余計な水分を体内から尿として取り除ける、五苓散(ごれいさん)が体を楽にさせてくれますね。

 なかなか治らないのも夏風邪の特徴ですが、この場合には、柴胡桂枝湯(さいこけいしとう)などが効果を発揮してくれます。

 8月後半になると暑い夏に胃腸を酷使したつけで夏バテが起こりがち。予防のため、今の時期から暴飲・暴食を控え、十分に睡眠を取ることお忘れなく。

 私は漢方の基礎理論の「五行論」、生活習慣などの問診を組み合わせて、その方だけのオーダーメイドの漢方を処方します。特に慢性的にお悩みの方には、ご相談して頂きたいですね。
 

平成横浜病院

ヘルスケアセミナー5月18日(土)「排泄って大切!」参加無料・先着50名

https://yokohamahp.jp/

フォーラム映画上映会

横浜市戸塚区上倉田町435-1 045-862-5056

http://www.women.city.yokohama.jp/

<PR>

戸塚区版のコラム最新6

男のおしゃれ学

第227回

男のおしゃれ学

「日本の歌の流れ」パリ本部FIMT国際デザイナー中嶌 敏男

12月5日号

雇用や税収増に寄与

〈連載【7】〉IR推進会議の美原氏に聞く

雇用や税収増に寄与

IRと横浜

12月5日号

カジノは負の経済効果

〈連載【6】〉鳥畑与一教授に聞く IRと横浜

カジノは負の経済効果

11月28日号

都心臨海部の起爆剤に

〈連載【5】〉川本守彦副会頭に聞く IRと横浜

都心臨海部の起爆剤に

11月21日号

一人になっても反対貫く

〈連載【4】〉藤木幸夫氏に聞く IRと横浜

一人になっても反対貫く

11月14日号

男のおしゃれ学

第226回

男のおしゃれ学

「オシャレな服には笑顔が鉄則」パリ本部FIMT国際デザイナー中嶌 敏男

10月31日号

「世界最高水準」を強調

〈連載【3】〉ギャンブル依存症対策

「世界最高水準」を強調

IRと横浜

10月31日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月25日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月12日号

お問い合わせ

外部リンク