戸塚区版 掲載号:2018年12月20日号
  • LINE
  • hatena

災害対策医薬品供給車両 薬科大、市、薬剤師会が連携運用 政令市初 協定を締結

社会

協定書を持つ都築理事長(左)、市長、寺師会長
協定書を持つ都築理事長(左)、市長、寺師会長
 横浜薬科大学(都築仁子理事長)、横浜市、横浜市薬剤師会(寺師三千彦会長)は12月10日、モバイルファーマシー(災害対策医薬品供給車両)を連携して運用する協定を結んだ。

 薬局機能を搭載し、機動力を備えた同車両は、東日本大震災を機に宮城県で開発されたもの。電力や水が途絶えた被災地でも調剤作業と医薬品を自律的に交付できる。

 同大学が所有するこの車両は災害時などに出動し、市から避難所や道路情報などの提供を受けながら、同会所属の薬剤師と一緒に活動を行うとしている。

 車両は来年2月に1台目が完成し、3月から運用をスタート。政令指定都市として全国初の導入という。

 同大学の担当者は「薬剤師を輩出する大学として市、薬剤師会と共に地域貢献をしたい」と話し、林文子市長は「この協定をもとに災害発生時重要なライフラインの1つとして医薬品の供給手段が充実することを期待している」と語った。

1月19日 ヘルスケアセミナー

「肝硬変のお話」=予防につながる生活や食にを紹介・参加無料・先着50名

https://yokohamahp.jp/

<PR>

戸塚区版のトップニュース最新6件

「区制80周年機に一層発展を」

田雑戸塚区長

「区制80周年機に一層発展を」

1月10日号

「7町の絆」象徴し30周年

豊田中央公園

「7町の絆」象徴し30周年

1月10日号

新体制で本格的スタート

戸塚区小中学生ユニット

新体制で本格的スタート

1月1日号

「希望に満ちた横浜に」

バリアフリー化を加速

区内3駅周辺

バリアフリー化を加速

12月20日号

中国旅行社と誘客タッグ

戸塚区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月26日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 9月28日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「日本の唄を一緒に歌おう」

タンゴ歌手小原さん

「日本の唄を一緒に歌おう」

1月20・21・24日 区内各所で

1月20日~1月24日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年1月10日号

お問い合わせ

外部リンク