戸塚区版 掲載号:2019年4月18日号 エリアトップへ

仁天堂薬局のコラム 「きょうは漢方の話」 【6】心の症状にお悩みの方へ

掲載号:2019年4月18日号

  • LINE
  • hatena
相談にあたる湯川代表
相談にあたる湯川代表

 春から初夏へ季節が移っていくなか、心のバランスを崩し、悩まれている方からの相談が例年増えてきます。

 不眠症で体格ががっちりした「実証」の方には柴胡加竜骨牡蛎湯、細身で顔色の優れない「虚証」の方には桂枝加竜骨牡蛎湯を使います。疲れて眠れない方には酸棗仁湯、イライラして眠れない方には抑肝散が効果的です。

 漢方名に「牡蛎」が出てきますが、カキの殻は煎じると気持ちが落ち着く効能があるからです。また抑肝散は認知症にも補助的に効くと言われ最近注目されています。

 うつ症状があり、喉のつまったような感覚(梅核気)のある方には半夏厚朴湯、何となく気力がなく胃腸の弱っている方には補中益気湯が合うようです。

専門薬剤師に相談を

 漢方は病名よりその時の症状や体質(証)で判断されます。「同病異治」「異病同治」という言葉ありますが、当薬局では、その人に合った漢方薬を調合させていただきます。

 なお、毎週水曜日は「未病相談日」(本店で予約制)を設けています。こちらも含めて、お気軽にご相談ください。
 

平成横浜病院

ヘルスケアセミナー5月18日(土)「排泄って大切!」参加無料・先着50名

https://yokohamahp.jp/

フォーラム映画上映会

横浜市戸塚区上倉田町435-1 045-862-5056

http://www.women.city.yokohama.jp/

<PR>

戸塚区版のコラム最新6

「カジノなしでも人は来る」

〈連載【9】〉米国・設計者が横浜を語る IRと横浜

「カジノなしでも人は来る」

1月30日号

制限型対策では不十分

〈連載【8】〉依存症専門医に聞く

制限型対策では不十分

IRと横浜

1月23日号

「きょうは漢方の話」

仁天堂薬局のコラム

「きょうは漢方の話」

【7】風邪の諸症状の緩和を

12月19日号

男のおしゃれ学

第227回

男のおしゃれ学

「日本の歌の流れ」パリ本部FIMT国際デザイナー中嶌 敏男

12月5日号

雇用や税収増に寄与

〈連載【7】〉IR推進会議の美原氏に聞く

雇用や税収増に寄与

IRと横浜

12月5日号

カジノは負の経済効果

〈連載【6】〉鳥畑与一教授に聞く IRと横浜

カジノは負の経済効果

11月28日号

都心臨海部の起爆剤に

〈連載【5】〉川本守彦副会頭に聞く IRと横浜

都心臨海部の起爆剤に

11月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月13日0:00更新

  • 2月6日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク