戸塚区版 掲載号:2019年12月19日号 エリアトップへ

仁天堂薬局のコラム 「きょうは漢方の話」 【7】風邪の諸症状の緩和を

掲載号:2019年12月19日号

  • LINE
  • hatena
相談にあたる湯川代表
相談にあたる湯川代表

 気温が急激に下がり、乾燥が著しくなる冬本番。風邪が流行期に入り、当薬局にも体調を崩してしまう方からの相談が増え始めますが、漢方はピンポイントで風邪の諸症状の緩和をさせることができます。

 背筋がゾクゾクするなど、何となく「風邪かな?」と感じたら葛根湯(かっこんとう)。引き始めの就寝前に温かくして服用してください。症状が出てから4日以上経ってしまうと効き方が弱くなるのでご注意を。コンコンとなかなか止まらないつらい咳には麦門冬湯(ばくもんどうとう)、咳と鼻水、アレルギー性鼻炎には小青竜湯(しょうせいりゅうとう)をお勧めします。よく「いつまで経っても風邪が抜けない…」という方がいます。こじれた風邪や微熱、お腹の痛みを伴う胃腸炎には柴胡桂枝湯(さいこけいしとう)がよく効きます。鼻づまり・蓄膿症には葛根湯加川芋辛夷(かっこんとうかせんきゅうしんい)、風邪からくる下痢には五苓散(ごれいさん)をお出しします。

「証」に合った漢方を

 私は古代中国から伝わる陰陽五行論などを使いながら、相談者の症状(証)、年齢、体力に合わせ、その方だけの漢方を調合します。慢性疾患を含めお気軽にご相談ください。
 

戸塚区版のコラム最新6

男のおしゃれ学

第227回

男のおしゃれ学

「日本の歌の流れ」パリ本部FIMT国際デザイナー中嶌 敏男

12月5日号

雇用や税収増に寄与

〈連載【7】〉IR推進会議の美原氏に聞く

雇用や税収増に寄与

IRと横浜

12月5日号

カジノは負の経済効果

〈連載【6】〉鳥畑与一教授に聞く IRと横浜

カジノは負の経済効果

11月28日号

都心臨海部の起爆剤に

〈連載【5】〉川本守彦副会頭に聞く IRと横浜

都心臨海部の起爆剤に

11月21日号

一人になっても反対貫く

〈連載【4】〉藤木幸夫氏に聞く IRと横浜

一人になっても反対貫く

11月14日号

「世界最高水準」を強調

〈連載【3】〉ギャンブル依存症対策

「世界最高水準」を強調

IRと横浜

10月31日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 4月25日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月16日号

お問い合わせ

外部リンク