戸塚区版 掲載号:2020年4月23日号 エリアトップへ

コロナの影(2) 「8割は休業」 社交飲食業連合会に聞く

社会

掲載号:2020年4月23日号

  • LINE
  • hatena
消毒スプレーを持つ芹川さん
消毒スプレーを持つ芹川さん

 緊急事態宣言が発令され、一層緊迫度を増している新型コロナウイルス対策。政府は感染封じ込めのため、人の流れを止めようとしているが、それは一方で経済への大きな損失を意味する。戸塚区内でこの状況に苦しむ業界や団体などを連載で取材する。

 スナックやバー、パブなどの業種が休業要請を受けてから1週間が過ぎた17日、区内の同業種から成る「戸塚社交飲食業連合会」(菅野顕治理事長)は、会として5月6日まで休業する方針を決めた。常連客の多くがボトルを入れ、長時間にわたりカラオケや会話が楽しめる「大人の社交場」の“いま”を聞いた(4月18日起筆)。

 同会は1962年に「戸塚バー連合会」として発足。戸塚駅を中心に一時期は40件超の店舗が参加していたが、会員の高齢化や後継者問題などから減少傾向にあり、現在19店舗にとどまっている。同会の調査では、今回のコロナ禍で8割ほどの店舗が休業を決断しているという。

 「3月は昨年同月比の売り上げの5分の1。緊急事態宣言後はほとんど人が来ていない。昼カラオケで一度雪のために休業したら、『コロナが出た』という風評被害もあった」とこぼすのは、戸塚駅東口にある「e PUB フミ 2」のオーナーで、同会の事務局長を務める芹川英敏さんだ(73)。4月12日から休業を決断したが、その後は従業員の給料や家賃の支払いのこと、そして「(補償について)政府の発表が二転三転」していたこともあり、縮小した営業再開も視野に入れていたという。しかし17日の緊急事態宣言拡大を受け、今回営業の自粛を決めた。「経済産業省が行う持続化給付金制度を活用できることが分かったのも大きかった」と芹川さん。

 一方で営業時間の短縮や感染症対策などで、休業に踏み切らない店舗もわずかながら出てきている。売り上げが激減し、給付金の支給時期のタイミングから店を閉めることが難しいという。芹川さんは「強制はできない」としながら、「パソコンに詳しくない会員も多いので、国や県が行う給付金や融資制度の情報を伝えている」と話す。また、コロナ沈静後には会が用意したカラオケ専用の消毒スプレーの配布なども行っていく予定だ。

平成横浜病院

骨粗しょう症を予防しよう!骨密度測定のすすめ

https://yokohamahp.jp/

<PR>

戸塚区版のコラム最新6

口腔乾燥の原因について

お口の健康塾 Vol.3

口腔乾燥の原因について

3月4日号

あんたい屋

おいしいもの とつかブランド vol.5

あんたい屋

ごぼうのからあげ(税込 550円)

3月4日号

「発足4年の若いまち」

会長に聞く!わがまち自慢

「発足4年の若いまち」

第17回

2月25日号

お墓のおはなし

老舗石材店に聞く

お墓のおはなし

Vol.6 お墓の引っ越しのポイント

2月25日号

業務連携で活路見出すが

コロナの影(5)

業務連携で活路見出すが

戸塚区内3者+飲食店

2月4日号

唾液の役割について

お口の健康塾 Vol.2

唾液の役割について

2月4日号

啓進塾 新入塾生を募集

本当の「賢さ」を育てる 入塾説明会など開催

http://www.keisin.com

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

収穫体験や作陶を実施

収穫体験や作陶を実施

6日・7日 舞岡ふるさと村

2月27日~3月7日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年3月6日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク