戸塚区版 掲載号:2020年6月11日号 エリアトップへ

戸塚泉栄工業会 企業と地域の橋渡し 区後援の「未来づくり」始動

社会

掲載号:2020年6月11日号

  • LINE
  • hatena
昨年行われた意見交換会の様子=提供
昨年行われた意見交換会の様子=提供

 戸塚泉栄工業会(黒田憲一会長)は6月、戸塚区役所後援の「未来へのおくりもの」プロジェクトを始動した。2年前から進められてきた事業の一環で、地域貢献をしたい企業と町内会などをつなぐことで地域の活性化・魅力創出を目指していく。

 これは同会内で2018年に若手経営者が中心となって発足した「未来づくりプロジェクト実行委員会」が主導になって行うもの。司法書士法人あいおい総合事務所(戸塚町)を営む清水敏博実行委員長は、「人口流出や地域企業の人手不足解消のためには魅力あふれた地域づくりが不可欠で、長期的な視点に立つことが重要」だと説明する。

 プロジェクトでは同会が企業と地域のニーズをつなぐプラットホームの役割を担い、最終的に課題解決から未来の活力づくりを生み出していくことが狙い。流れとしては▽地域団体などから解決依頼▽区・区社会福祉協議会が内容精査▽工業会が企業と地域を橋渡し▽協賛金や人材などを提供--の順で実施される。

 具体的には大正地区地域福祉マップ(大福まっぷ)という地域資源リストのデータベース更新作業や、町内会広報誌の作成、高齢者等がイベントに出かける際の送迎、健康講座や体操実施などを予定しているという。清水委員長は「こうした取り組みが明るい未来を作っていくと考え、まずは仕組みづくりから始めていければ」と語る。

「貢献したい」が9割超

 同委員会では18年10月に会員企業100社に「企業の地域貢献活動状況調査」を実施。すると95%が貢献活動に関心があるが、実際に行っているのは65%にとどまり、行っていない企業の92%が「今後は取り組んでみたい」と肯定的にとらえていることがわかった。一方で地域ニーズを探ると協賛金以外でも人材やノウハウなどの支援を求めていることも判明。そして昨年7月に区社協などと意見交換をしたうえで、20年度から開始することになったという。

 現在同委員会では戸塚区内の企業に登録用紙を配布しており、順次集まった企業の人材バンクページなどを開設していく。実際にマッチング・資源などの提供は21年度からを予定し、将来的には泉区・栄区へと規模を拡大していく方針だ。

 清水委員長は「あらゆる手段を通じてワクワクする未来、イキイキとしたまちづくりへとつなげていきたい」と話す。詳細は同委員会【電話】045・862・6012。

口に関わるリハビリはST外来へ

「食べる」「話す」等でお悩みの方に、ST(言語聴覚士)がリハビリを支援します

https://yokohamahp.jp/

<PR>

戸塚区版のトップニュース最新6

自宅でも音楽療法を

名瀬町社会福祉法人

自宅でも音楽療法を 文化

プロ歌手による動画配信

7月2日号

喫煙所出入口に遮断幕

戸塚駅東口

喫煙所出入口に遮断幕 社会

市内初の煙流出対策

7月2日号

音楽家に発信の場 提供

さくらプラザエフエム戸塚

音楽家に発信の場 提供 文化

「コロナ禍でも芸術届ける」

6月25日号

「定着化」に力点置く

東戸塚の障害者就労支援事業所

「定着化」に力点置く 社会

離職率の高さ危惧

6月25日号

感染防止のため中止

八坂神社お札まき

感染防止のため中止 文化

「とつか夏まつり」も

6月18日号

児童虐待、潜在化を危惧

横浜市

児童虐待、潜在化を危惧 社会

休校などで相談数「微減」

6月18日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月23日0:00更新

  • 2月13日0:00更新

  • 2月6日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月2日号

お問い合わせ

外部リンク