戸塚区版 掲載号:2020年8月27日号 エリアトップへ

コロナの影(3) 影響は業種で濃淡 区食品衛生協会に聞く

掲載号:2020年8月27日号

  • LINE
  • hatena

 いまだに収束の兆しが見えない新型コロナウイルス。「第2波の真っただ中」ともいわれ、密を避ける行動が求められる状況だが、その一方で人の流れを止めることは経済への大きな損失を意味する。戸塚区内でこの状況に苦しむ業界や団体などを不定期で取材する。

 区内飲食店や食品製造工場などの業種組合が、加盟する「戸塚区食品衛生協会」(平田榮司会長)に、区内の状況を聞いた(8月24日起筆)。

 食品衛生法に基づき食生活の安全と衛生の向上を図るため国とともに県、市、区で設立された「食品衛生協会(食協)」。1947年に誕生した戸塚区の食協は現在、飲食業協同組合や社交飲食業連合会、戸塚そば商業会、旅館組合のほか、水産、食肉、菓子工業など13の組合で構成される。

 平田会長によると、今回の新型コロナで一番大きな打撃を受けているのは協会内では飲食店だ。区食協の全体の3割を占める飲食業組合には約100会員が所属しており、新型コロナの影響は色濃い。「緊急事態宣言下はもちろん、第2波となった現在も、ある店では大型の予約がキャンセルになるなど苦しい状況が続いている」と平田会長。「なかには年内で店をたたむという人や、やめたい人もいる」

 その一方、影響の少ない業種は水産や食肉組合などだ。「スーパーでは売り上げが伸びているという話もあるが、それと同じように魚屋や肉屋などは家での食事が進み日常的に使うのでそれほど打撃を受けているわけではない」。和菓子屋などの会員がいる菓子工業組合に関しては「大きな影響があるわけではないものの、昨年同月比で1割・2割減という店も。これはボディーブローのようにじわじわと効いてくる」。

 苦境に立つ業種を救うべく、厚生労働省が発行する「感染症対策店」の証書が8月末に会員に配られる予定という。「何より望むのはコロナの“終息”。10年、20年残るともいわれるが、業界に関わるものとして一日でも早くもとに戻ってもらいたい」
 

戸塚区版のコラム最新6

「皆さんが参加しやすい街に」

会長に聞く!わがまち自慢

「皆さんが参加しやすい街に」

第8回

10月22日号

「豊かな自然の中で交流」

会長に聞く!わがまち自慢

「豊かな自然の中で交流」

第7回

10月15日号

2つの署名活動 秋に開始

〈連載【12】〉リコール、住民投票求める IRと横浜

2つの署名活動 秋に開始

9月3日号

影響は業種で濃淡

コロナの影(3)

影響は業種で濃淡

区食品衛生協会に聞く

8月27日号

「ボランティア活動が盛んなまち」

会長に聞く!わがまち自慢

「ボランティア活動が盛んなまち」

第6回

8月13日号

「きょうは漢方の話」

仁天堂薬局のコラム

「きょうは漢方の話」

【11】陰陽五行論について

8月13日号

有隣堂 楽しい講座がいっぱい!

1DAY講座&無料体験。秋から新しいこと始めよう

http://www.ms-yurindo.jp/shop_classroom/totsuka_cc/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

  • 4月23日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク