神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
戸塚区版 公開:2021年3月4日 エリアトップへ

戸塚生まれの乳児へ 区内NPO 出産祝い品を決定

教育

公開:2021年3月4日

  • LINE
  • hatena
昨年7月に菜々恵ちゃんが生まれた焏徳さん(写真の出産祝い品はイメージ)
昨年7月に菜々恵ちゃんが生まれた焏徳さん(写真の出産祝い品はイメージ)

 子どもが生まれた家庭に、地域や公募企業から出産祝いを贈る取組み「ウェルカムベビープロジェクト」。認定NPO法人こまちぷらすが5年前から始めたもので、現在は戸塚区と鶴見区で実施している。先ごろオンラインで2021年度の出産祝い選考発表会が行われ、11の企業や団体から提供される出産祝い品が決まった。1月末に応募団体のプレゼンと4人の委員による選考を経て2月の発表会では選考委員の講話も行われた。

 戸塚区内で2021年度生まれの乳児に用意されたのは、8団体からコットンバッグやスタイ、タクシー迎車や家事代行サービスの割引券など。今年初参加のプレゼントとして、同法人も所属する「ほのぼの商和会」の有志から0歳児向け絵本が贈られる。数量限定品もあり、1人6〜7個が届けられる予定。また地域の人が手縫した「背守り」と祝いのメッセージも添えられる。

 2人の出産で出産祝いを受け取った戸塚町在住の焏徳(じょうとく)彩奈さんは、「仕事だけしていた頃は感じなかったが、お祝いを受け取ったことで『私は戸塚で生きていくんだ』と思えた」と振り返る。現在は、スタッフとして関わるようになり「一人でも孤独なお母さんをなくしたい」と話す。
 

衆議院議員 山崎誠 

「明日は我が身 能登半島地震に学ぶ」

https://yamazakimakoto.jp/

<PR>

戸塚区版のローカルニュース最新6

特養待機者減へ新指針

横浜市

特養待機者減へ新指針

居住費などに独自助成

2月22日

「在宅避難」できる備えを

「在宅避難」できる備えを

國本戸塚区長に聞く

2月22日

減災の手法紹介

3月17日 区がフェア

減災の手法紹介

蝶野氏の講演も

2月22日

募金どう届ける?

名瀬小

募金どう届ける?

児童運営委で検討重ね

2月22日

能登半島地震受け予算案を再編成へ

横浜市

能登半島地震受け予算案を再編成へ

防災対策を強化

2月22日

チャリティー上映会

24日・25日

チャリティー上映会

横浜薬科大が被災地支援

2月22日

老人ホーム選びはプロにお任せ!

お客様に選ばれて25年以上。ご相談無料、年中無休。ご相談はフリーダイヤル0120-57-5950へ!

https://minkai.jp

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月8日0:00更新

  • 1月11日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年2月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook