戸塚区版 掲載号:2021年5月20日号 エリアトップへ

柔道や総合格闘技の国際大会で活躍し、4月から戸塚高校定時制柔道部のコーチを務める 伊左次 雄介さん 海老名市在住 30歳

掲載号:2021年5月20日号

  • LINE
  • hatena

「柔道で町を元気にしたい」

 ○…初の高校での指導に「強くなる方法だけでなく、礼節や思いやりなど、人として大切なことを伝えたい」と意気込む。24年に及ぶ柔道人生では、東京五輪の代表内定選手を打ち破り、優勝旗を手にしたことも数々。現在は指導者として「五輪に出場するかつてのライバルや後輩たちに負けず、自分も柔道の魅力を伝えたい」と週数回、戸塚に通う日々だ。

 ○…6歳で柔道を始め、小学校2年生のときに初めて全国優勝を果たす。「いつか五輪で金メダルを手にしたい」と中学生から親元を離れ、名門国士館での寮生活に。中学3年時に66kg級で全国優勝。高校生でジュニアの日本代表に選出され、世界大会で優勝も経験するなど、順風満帆な柔道生活を送っていた。

 ○…転機が訪れたのは、大学3年生の頃。ロンドン五輪の代表選考で勝ちきれず、出場権を逃した。高校の頃から尾を引いていたケガに悩み、長年の夢に終止符を打つとともに、以前から興味を持っていた総合格闘技に転向を決意。さらに「自分が活躍する場は他にもある」と競技だけでなく教員免許も取得。大学卒業後は、市内にあった五輪金メダリスト吉田秀彦さんの道場で指導者となり、その後は小学校の教諭も務めた。教え子に「努力の大切さ」を伝えるため、2年前には総合格闘技のアジア大会で優勝し、身をもって示してきた。

 ○…意外にも幼い頃はぬいぐるみが好きでよく集めていたとか。気が弱い性格を見兼ねた母からの勧めが、柔道を始めるきっかけに。競技人口が減少する柔道の未来を案じ、現在は海老名周辺で柔道教室を開くほか、ネットを使用した普及活動も行っている。「戸塚や海老名を中心に柔道を通して町を元気にしたい」と力を込めた。

戸塚区版の人物風土記最新6

渡邉 泰雄さん

横浜薬科大学元教授で一般社団法人パクチーアカデミー協会の理事長を務める

渡邉 泰雄さん

戸塚区在勤 73歳

11月18日号

緒方 湊さん

最年少の「野菜ソムリエプロ」として多くのメディアなどで活躍する

緒方 湊さん

青葉区在住 13歳

11月11日号

服部 一弘さん

11月5日に東戸塚でボランティア講座を行う「横浜移動サービス協議会」の理事長

服部 一弘さん

上矢部町在住 58歳

11月4日号

菊田 清美さん

西武東戸塚S.C.の館長に今秋就任した

菊田 清美さん

横浜市内在住 55歳

10月28日号

瀬川 晶司さん

プロ棋士で自伝『泣き虫しょったんの奇跡』の著者として戸塚図書館主催で講演する

瀬川 晶司さん

南舞岡在住 51歳

10月21日号

田中 實さん

創立70年以上の歴史を持つ戸塚区美術協会の会長

田中 實さん

吉田町在住 84歳

10月14日号

横浜市中区日本大通9番地

弁護士による無料交通事故相談と無料の示談あっせん制度

https://www.kanaben.or.jp/consult/by_content/consult25/index.html

日本海オセアンリーグ運営事務局

大洋建設の応援する滋賀球団と北陸3県でプロ野球新独立リーグを設立

http://www.ocean-group.co.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月4日0:00更新

  • 10月28日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年11月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook