栄区版 掲載号:2012年1月1日号

市政報告【7】

横浜の高齢者 これからの暮らし

横浜市会議員 こしいしかつ子

 2011年は私たち日本人にとって忘れることの出来ない大きな節目の年でした。お互いの痛みに寄り添い分け合う社会が望まれています。

 2012年の年頭にあたり横浜市が目指す高齢者福祉の将来像を皆さまにイメージして頂きたく、ご報告します。

 平成22年度高齢者実態調査から「在宅介護サービスを使い自宅で暮らし続けたい」との思いが72・3%という高い結果であらわれました。栄区でもよく聞かれる声です。これを受け横浜市は、高齢者が生活の場をより多くの選択肢から選べるよう「施設から在宅(地域)へ」舵を切ったとしています。まだまだ課題が多い在宅介護、より細やかな整備を急ぐよう、要望いたします。

 在宅介護を支える力として、生活圏域(中学校区が目安)ごとに設置された「地域包括支援センター」が介護予防や訪問介護など活動の中心となり、関係機関と連携して途切れのないサービス提供をめざします。

 介護保険法改定(平成23年6月施行)により24時間対応の「定期巡回・随時対応型訪問介護看護サービス」も始まっています。必要な時に駆けつけてくれるサービスはとても安心ですが、どの地域でも等しく利用できるほどには整っていないと思われます。

 将来の高齢者対策としては健康は自ら作るよう若い頃から習慣付けることも重要です。若年層の健康意識を高める施策を地域事業者などと協力して行えるよう提案していきます。現在、第5期高齢者保健福祉計画、介護保険事業計画の素案がまとまっています。福祉を支える「強い横浜」には、京浜港を牽引する横浜港、中小企業、地域経済の活性化とその連携による「強い経済力」が欠かせません。それぞれの支援等に積極的に関わってまいります。本年が皆さまにとって豊かな年となりますように。
 

こしいしかつ子政務調査事務所

栄区公田町514

TEL:045-894-9956

http://www.koshiishikatsuko.jp/

栄区版の意見広告・議会報告最新6件

栄区だけが持つ魅力

市政報告㉚

栄区だけが持つ魅力

1月1日号

臨時バスは盛り上げ秘策になり得るか?

イベントバスに乗って本郷台へ 市政報告 29

臨時バスは盛り上げ秘策になり得るか?

7月14日号

耐震補強や備蓄の見直しを

改めて身の回りの 市政報告 28

耐震補強や備蓄の見直しを

5月5日号

福祉の街を栄区から作る

市政報告 27

福祉の街を栄区から作る

4月7日号

命を支える水道事業

市政報告 25

命を支える水道事業

2月11日号

活気あふれる街づくりを目指す

栄区30周年の節目 市政報告㉔

活気あふれる街づくりを目指す

1月1日号

関連記事(ベータ版)

栄区版の関連リンク

あっとほーむデスク

栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年2月23日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/