金沢区・磯子区版 掲載号:2012年12月13日号
  • googleplus
  • LINE

横浜市 公共施設、保全費が重荷に 「白書」素案まとまる

 横浜市はこのほど、学校や庁舎など約2千5百の公共建築物の実態をまとめた「公共建築物マネジメント白書」の素案を公表した。老朽化の状況や、維持に必要な保全費の推計などが盛り込まれている。市民の意見を募った上で来春、正式な「白書」として公表する。

 横浜市では、高度成長期だった昭和40年から50年代の急激な人口増加に対応するため、大量の公共建築物を整備してきた。特に人口急増期に建築された施設の延床面積は約600万平方メートルで全体の6割を占めている。また、市民利用施設や社会福祉施設、学校施設の延床面積は約520万平方メートルで、これは大阪や名古屋、神戸市など他の政令指定都市と比べても多い。今後市内の人口減少が想定される中、公共施設管理のコストは、財政の重荷になる可能性が高く、市の大きな課題だ。

維持に20年で3兆円

 今回公表された白書の素案では、市民利用施設の年間利用者数や稼動率、維持費の状況などが試算されている。それによると、道路なども含めた市内公共施設の保全費は、今後20年間で約3兆4千億円に上るとしている。また、2012年度一般会計の保全費は約580億円だが、今後20年間は、年平均で約960億円になると推計している。

 建物の保全コストを下げようと、市は決められた周期で修繕を行う「時間計画保全」ではなく、劣化に応じて早急な対応が必要な場合だけ修繕する「状態監視保全」を採用。ただ、利用者らからは「点検で劣化が判明してから修繕するのでは遅い」との声も上がる。全体の施設数を減らすために廃止や統廃合も含めた検討が必要との指摘もある。

市民から意見募る

 市は12月26日まで、素案の内容や公共施設のあり方などについて市民から意見を募集している。

 これを参考にした上で、正式な「白書」をまとめ、来年3月に公表。4月以降は今後の維持管理についての具体的な議論を進めていきたいとしている。
 

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6件

磯子区2校から部活大賞

金沢消防署・水野さん準Ⅴ

ベンチプレス全日本選手権

金沢消防署・水野さん準Ⅴ

2月15日号

「住み続けたい」「愛着」7割超

磯子区民意識調査

「住み続けたい」「愛着」7割超

2月8日号

富岡・能見台で見守り試験

京急電鉄富士通

富岡・能見台で見守り試験

2月8日号

「根岸に新たなにぎわいを」

若者支援団体K2グループ

「根岸に新たなにぎわいを」

2月1日号

金沢高・谷澤選手が快走

都道府県対抗駅伝

金沢高・谷澤選手が快走

2月1日号

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

パラ五輪通し共生社会を

3月19日

パラ五輪通し共生社会を

田口さんが人権講演会

3月19日~3月19日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 果物の頭はどこ?

    金子さんの草花の不思議発見第9回 リンゴとミカン

    果物の頭はどこ?

    文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(金沢区富岡西在住)

    2月15日号

  • 物語でめぐるわが街

    著・徳冨蘆花(「自然と人生」岩波文庫)

    物語でめぐるわが街

    文・協力/金沢図書館『沙濱の潮干』

    2月8日号

  • 富岡に残る戦跡

    金沢区制70周年記念連載 「地元の歴史 振り返る」第21回

    富岡に残る戦跡

    文/NPO法人横濱金澤シティガイド協会本コラムでは2018年5月に金沢区が区制70周年を迎えるにあたり、シティガイド協会の協力を得て、地元の歴史を振り返る

    2月8日号

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク