金沢区・磯子区版 掲載号:2013年1月10日号
  • googleplus
  • LINE

記者が訪ねる かなざわの名刹 第17回 吼月山 泥牛庵(でいぎゅうあん)

本堂に安置されている「子育て六浦地蔵尊」
本堂に安置されている「子育て六浦地蔵尊」

 一風変わった寺号の由来は、禅語にしばしば登場する「泥牛」という言葉。泥は煩悩、牛は仏にたとえられ、煩悩にとらわれぬ境地で悟りを得ることを意味する。開山が丑年だったことや、干潮時の瀬戸・六浦の景色などにも重なり、この名前となった。

 寺を開基したのは、鎌倉末期の執権・北条高時。鎌倉攻めで窮地に立った高時が、持仏・聖観世音菩薩を護ってほしいと、南山士雲禅師にこれを託したのが始まりという。

 現在も本尊としてまつられているこの像の脇には、立派な地蔵菩薩が。これは、室町時代の武将・小山若犬丸が六浦に建てた地蔵堂の本尊だったものだ。若犬丸は、もと下野国小山(現在の栃木県小山市)の城主だったが、足利氏に追われ、2人の子どもが六浦の海に沈められ処刑された。これを悲しみ、供養のために地蔵堂を建立。以来、「子育て六浦地蔵尊」と呼ばれ、親しまれてきた。お地蔵さまの顔は、悲しみを包み込むような優しい表情。いつの時代も変わらぬ親子の絆を見守り続けている。

【本尊】聖観世音菩薩

【宗派】臨済宗円覚寺派

【住所・電話】金沢区瀬戸11の15 【電話】045・701・6831

(資料・金沢区仏教青年会

「かなざわ霊場めぐり」1994年)
 

駅直結!桜木町ぴおシティ

おかげさまで50周年!3月29日~4月8日、ガラポン抽選会や半額セールを開催

http://www.piocity.com/

<PR>

金沢区・磯子区版のかなざわの名刹最新6件

かなざわの名刹

記者が訪ねる

かなざわの名刹

5月16日号

かなざわの名刹

記者が訪ねる

かなざわの名刹

5月2日号

かなざわの名刹

記者が訪ねる

かなざわの名刹

4月18日号

かなざわの名刹

記者が訪ねる

かなざわの名刹

3月21日号

かなざわの名刹

記者が訪ねる

かなざわの名刹

3月14日号

かなざわの名刹

記者が訪ねる

かなざわの名刹

2月21日号

神奈川大学 生涯学習講座

100種類以上の多彩な講座。どなたでも受講いただけます。

http://ku-portsquare.jp/site/course/list/

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

宮沢勝之さんが出演

宮沢勝之さんが出演

ばんぼしゅでコンサート

4月23日~4月23日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 海の公園と金沢自然公園

    金沢区制70周年記念連載 「地元の歴史 振り返る」第23回

    海の公園と金沢自然公園

    文/NPO法人横濱金澤シティガイド協会 本コラムでは2018年5月に金沢区が区制70周年を迎えるにあたり、シティガイド協会の協力を得て、地元の歴史を振り返る

    3月29日号

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク