金沢区・磯子区版 掲載号:2014年3月20日号 エリアトップへ

第20代横浜市立大学長に4月1日就任する 窪田 吉信さん 金沢区在住 65歳

掲載号:2014年3月20日号

  • LINE
  • hatena

「明るく」をモットーに

 ○…「英語に強く国際性に富み、いっそう地域に貢献できる大学にしていく。まずは『明るく』をモットーにね」と抱負を語る。4月1日から、第20代横浜市立大学長を務める。学生も教員も、キャンパス全体を明るく。大学の前向きな姿勢はそこから生まれるという考え方のもと、大学運営を推し進める。

 ○…「ひ弱だったが、好奇心はあった」と富山県で過ごした少年時代を振り返る。持っていた理科年鑑はすみからすみまで読んだ。「新しい年鑑が欲しくて親にねだっていた。ダメと言われ、すごく泣いたことを覚えている」。医療の道を志したのは高校の頃。母親が椎間板ヘルニアを患った。「手術をすればたいていは治るが、失敗すれば寝たきりになることもある」――医師の台詞に「責任のある仕事だな」と思い、同時に「医学の世界はどうなっているんだ」と興味がわいたという。

 ○…約60倍の難関を突破し、同大学医学部に入学した。教員と生徒が密に交流できる環境。授業が終われば研究室に入り浸り、教員とはよく一緒に魚釣りに行った。「先生はいつも、釣れた魚のうち一匹を、くれと言って持ち帰るんです。僕は食べたいのに、どうして持って帰るんだと思っていた」。あとから知ったことには、教員はその魚を解剖し、研究をしていたという。好奇心あふれるそんな姿を見ながら、研究者としての礎を作っていった。

 ○…泌尿器科学の研究者と附属病院の医師、そして教育者としての3つの顔を持つ。「苦労はいっぱい経験してきた」と苦笑。独立行政法人化も、戸惑いの連続だった。「自分たちだけで運営することは大変なこと。しかし、自分たちの力次第で良くしていけるということでもある」。課題解決においてもやはり「明るく」がキーワードだ。「解決してしまえばハッピー。そのときどきの苦労は、たいてい忘れてしまうものですよね」とニッコリ笑った。

金沢区・磯子区版の人物風土記最新6

石原 健さん

7月1日付けで中区・西区・磯子区の一部LCを束ねるゾーン・チェアパーソンに就任した

石原 健さん

横浜市内在住 55歳

9月23日号

岡本 富夫さん

氷取沢市民の森愛護会の会長として、農業専用地区でコスモスを育てる

岡本 富夫さん

磯子区氷取沢町在住 75歳

9月16日号

田川 尚登さん

NPO法人横浜こどもホスピスプロジェクトの代表理事を務める

田川 尚登さん

横浜市在勤 62歳

9月9日号

村上 悠緋さん

2023年シーズンからJリーグの横浜F・マリノスへの加入が決まった

村上 悠緋さん

関東学院大学3年 20歳

9月2日号

藤田 打一さん(本名:藤田大智)

アイロンビーズ作家として本を出版した

藤田 打一さん(本名:藤田大智)

磯子区杉田在住 36歳

8月26日号

坂爪 正博さん

磯子区消費生活推進員の代表を務める

坂爪 正博さん

磯子区坂下町在住 70歳

8月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月26日0:00更新

  • 8月12日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

横浜エクセレンス観戦チケットプレゼント

WEB限定記事

横浜エクセレンス観戦チケットプレゼント

10月2日、横浜武道館

10月1日~10月2日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook