金沢区・磯子区版 掲載号:2014年10月30日号 エリアトップへ

かねさわ地名抄 第38回「並木」文・NPO法人横濱金澤シティガイド協会

掲載号:2014年10月30日号

  • LINE
  • hatena
並木の街並み
並木の街並み

 昭和50年代、金沢地先の埋め立てとともに、新しい町が生まれました。並木はその代表的な町で、1丁目は1977(昭和52)年、2丁目は1980(昭和55)年、3丁目は1982(昭和57)年に誕生しました。

 町名は、住宅の大通りに緑豊かな並木を計画していたことから「並木」と名付けられました。また漁師が、富岡八幡宮付近の松並木と円海山山頂との見通しにより漁場の位置測定(山立て)を行っており、現住宅地一円を「並木」と呼んでいたことにも由来しています。

 漁場を「並木」と呼ぶようになったのには別のいわれがあるともいわれています。昔は富岡八幡宮の地先に砂嘴(さし)が突き出て、2キロほども松並木が続いていたようです。1311(応長元)年に大津波があり、長浜千軒といわれた漁村が海の底に沈み松並木も海没してしまいました。その付近は浅瀬となり、いろいろな魚が沢山とれる豊かな海になったそうです。そこでその漁場を「沢山の木々が沈んでいる海」ということで、「並木」と呼ぶようになったともいわれています。

 このとき海に流された観音様は、その後海中から出現し「長浜観音」として称名寺に安置されています。海に沈んだ松の根元は、金沢地先埋立作業中にたくさん発見されました。

 東側には金沢シーサイドラインに沿って金沢緑地があり、町内は金沢シーサイドタウン等の団地により区の代表的な町並となっています。団地内に多くの公園がありますが、「サルダの鼻」「イド藻」「イガイ根」「のりべか」など漁師の言葉が公園名となっています。
 

金沢区・磯子区版のコラム最新6

変化に富んだ花の色

金子さんの草花の不思議発見!第42回 オオムラサキとサツキ

変化に富んだ花の色

文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇

4月30日号

推進前提に意見公募

〈連載【11】〉市が方向性素案公表 IRと横浜

推進前提に意見公募

3月26日号

年々耐寒性が強くなる

金子さんの草花の不思議発見!第41回 ヒメツルソバ

年々耐寒性が強くなる

文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇

3月26日号

路に迷ったら柳の花を見よ

金子さんの草花の不思議発見!第40回 タチヤナギ

路に迷ったら柳の花を見よ

文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇

3月5日号

懸命のアピール合戦

〈連載【10】〉「産業展」に45事業者 IRと横浜

懸命のアピール合戦

2月13日号

祖先返りの「葉」が現れる

金子さんの草花の不思議発見!第39回カイヅカイブキ

祖先返りの「葉」が現れる

文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇

2月13日号

あっとほーむデスク

  • 6月1日18:25更新

  • 5月25日17:30更新

  • 5月16日21:30更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年6月1日号

お問い合わせ

外部リンク