金沢区・磯子区版 掲載号:2015年3月19日号 エリアトップへ

季節の花【2】「モモ」 梅・桃・桜の順開花 桃太郎はなぜ桃なのか 日本自然保護協会自然観察指導員金子昇(富岡西在住)

掲載号:2015年3月19日号

  • LINE
  • hatena
モモは邪悪を祓うという
モモは邪悪を祓うという

 桃の節句は過ぎましたが「モモ」の話をしましょう。

 モモは中国原産で、古い時代に日本へ渡ってきました。また中国からペルシャ(現在のイラン)そしてヨーロッパへ伝わり、「ピーチ」という名がつけられました。ピーチはペルシャ語で「ペルシャのアップル」という意味です。

 昔は、山桃、酢桃、桜桃(サクランボ)、扁桃(アーモンド)、唐桃(アンズ)等の果物には「桃」という字が使われていました。西洋で果物を「○○アップル」「○○ベリー」で表すのと似ていますね。

 枝につくモモの花を見ると、1枚の葉の左右に一輪ずつ咲かせています。ウメは一節に一輪です。ちなみにサクラは、長い花梗が数輪下がっています。

 中国ではモモの花は「陽」を表し「陰」を祓うといわれています。鬼はモモを嫌うとされ、鬼を退治するという伝説があり、ここから「桃太郎」の話が出たのかもしれません。日本でも女子を悪鬼や邪悪から守る願いが桃の節句だといわれています。

 関東地方では、一般にウメ、モモ、サクラの順に花が咲きだしますが、北へ行くにつれ休眠条件によりウメの開花が遅くなります。北海道ではサクラ、モモ、ウメの順に開花することが多く、その中間に位置する福島県三春町では、3種が同じ頃に咲き出すのでこの町名がつけられました。

 中国から伝来した当初は観賞用でしたが、明治に入りフルーツとして改良されました。モモの葉は湯船に入れると、あせものケアに効果があるといいます。
 

金沢区・磯子区版のコラム最新6

健康と幸せ運ぶアーユルヴェーダ

健康と幸せ運ぶアーユルヴェーダ

文・寺島まき(アーユルヴェーダ・ライフスタイル・カウンセラー)10月 「食欲の秋」も腹八分で

10月7日号

健康と幸せ運ぶアーユルヴェーダ

健康と幸せ運ぶアーユルヴェーダ

文・寺島まき(アーユルヴェーダ・ライフスタイル・カウンセラー)9月 「お月見散歩のススメ」

9月9日号

省エネで環境に貢献

省エネで環境に貢献

(株)REJ(金沢区福浦)

8月26日号

環境への貢献を意識

環境への貢献を意識

宮本土木(株)(磯子区田中)

8月19日号

建設業から教育にも

建設業から教育にも

(株)安藤建設(磯子区中原)

5月20日号

溢れる肉愛で旨さ探求

溢れる肉愛で旨さ探求 社会

加藤牛肉店代表取締役 加藤敦さん(55)

5月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月26日17:54更新

  • あっとほーむデスク

    10月17日22:57更新

  • 10月16日17:36更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

コース作って散歩楽しむ

コース作って散歩楽しむ

磯子で11月から5回講座

11月24日~12月21日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook