金沢区・磯子区版 掲載号:2016年1月28日号 エリアトップへ

安産の道 ママへのススメ6 協力:山本助産院 担当:高橋景子助産師

掲載号:2016年1月28日号

  • LINE
  • hatena
絵:大歳貴子さん
絵:大歳貴子さん

 今回のテーマは母乳です。赤ちゃんにとって「完全栄養食」「常に適温・消化が良い」「免疫があるので病気にかかりにくく、回復が早い」だけでなく、ママにとっても「簡単・便利」「子宮のもどりを助ける」など、利点は多くあります。何よりも妊娠中に蓄えた脂肪を母乳の原料にしますので、ダイエット効果が期待できるのです。ママがスリムになるほど、赤ちゃんはふっくらと育っていきます。また母乳の味は、授乳中にも変化するので、グルメになり味覚が育ちます。

 お産の後は誰でも母乳が出ます。乳首が短かい、陥没しているなどの場合は飲ませにくいこともありますが、入院中に上手にできなくても大丈夫。焦らずゆっくり続けていけばきっと飲ませることができます。

 妊娠中期になると乳房がふっくらして、乳輪の色が濃くなり張るなどの変化が起こります。ママの体が母乳をつくる準備をしているのです。乳房の手入れは、妊娠中期以降、お風呂で乳頭についた垢を取る程度で良いでしょう。お腹が張る方は、臨月に入ってからで大丈夫です。

 母乳を与えることで、たくさんのホルモンが働きます。特にオキシトシンは「赤ちゃんをかわいい、愛おしい」と思う「愛情ホルモン」と呼ばれています。安心した表情で、母乳を飲む赤ちゃんはとてもかわいいです。

 抱っこの仕方、楽に飲ませる方法、ゲップの出し方など「基本の基」を覚えましょう。産後、授乳がうまくいかない、上手に吸ってくれないなど心配な時には、母乳外来へ。あなたのそばに助産師がいます。
 

金沢区・磯子区版のコラム最新6

健康と幸せ運ぶアーユルヴェーダ

健康と幸せ運ぶアーユルヴェーダ

文・寺島まき(アーユルヴェーダ・ライフスタイル・カウンセラー)10月 「食欲の秋」も腹八分で

10月7日号

健康と幸せ運ぶアーユルヴェーダ

健康と幸せ運ぶアーユルヴェーダ

文・寺島まき(アーユルヴェーダ・ライフスタイル・カウンセラー)9月 「お月見散歩のススメ」

9月9日号

省エネで環境に貢献

省エネで環境に貢献

(株)REJ(金沢区福浦)

8月26日号

環境への貢献を意識

環境への貢献を意識

宮本土木(株)(磯子区田中)

8月19日号

建設業から教育にも

建設業から教育にも

(株)安藤建設(磯子区中原)

5月20日号

溢れる肉愛で旨さ探求

溢れる肉愛で旨さ探求 社会

加藤牛肉店代表取締役 加藤敦さん(55)

5月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    10月17日22:57更新

  • 10月16日17:36更新

  • 8月26日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

コース作って散歩楽しむ

コース作って散歩楽しむ

磯子で11月から5回講座

11月24日~12月21日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook