金沢区・磯子区版 掲載号:2017年3月23日号
  • googleplus
  • LINE

寄稿 特別展「愛された金沢八景」に寄せて 【2】鏑木清方が愛した君ヶ崎 文/神奈川県立金沢文庫 山地純

「武蔵金沢君ヶ崎」鏑木清方
「武蔵金沢君ヶ崎」鏑木清方

 金沢区を横断する国道16号線の君が崎の交差点をご存じですか。金沢文庫駅から徒歩5分位のところです。ここに小さな稲荷神社がありますが、実はこの神社は高台から降りてきたのです。もともとは、鎌倉時代には瀬戸内海、江戸時代には内川入江と呼ばれた内海に着き出した「君ヶ崎」という名の岬の鎮守様でした。その場所は現在、マンションが建っています。内海だったところは金沢区役所などがある泥亀の街になっています。そしてこの君ヶ崎の高台に大正から昭和の初めにかけて別荘を持ったのが、美人画で有名な鏑木清方です。

 游心亭と名付けられた別荘で描かれた一枚が「武蔵金沢君ヶ崎」です。画中に「むさし金沢君ヶ崎」箱には「武蔵金沢君ヶ崎」「余、金沢の風光を愛し、大正昭和に亘り別業を此地に営む、図は庭中之小景なり 清方画」と鏑木清方自筆で記されており、清方が金沢の風光を愛でていたこと、游心亭から庭を描いたことがわかります。

 庭先には稲荷神社の鳥居が見えます。楠山永雄コレクションにある鏑木清方自筆の絵画はこの1点ですが、清方は「金沢三題」という絵も描いていますし、「游心亭日記」も記しています。

 日本画家に愛された今はなき金沢の美しい風光の一つがこの「武蔵金沢君ヶ崎」です。
 

庭木のお手入れ承ります見積無料

今なら「タウン見た」で10%OFF !(2万円以上のご依頼に限る)

https://www.919g.co.jp/

<PR>

金沢区・磯子区版のコラム最新6件

果物の頭はどこ?

金子さんの草花の不思議発見第9回 リンゴとミカン

果物の頭はどこ?

2月15日号

富岡に残る戦跡

金沢区制70周年記念連載 「地元の歴史 振り返る」第21回

富岡に残る戦跡

2月8日号

物語でめぐるわが街

著・徳冨蘆花(「自然と人生」岩波文庫)

物語でめぐるわが街

2月8日号

野島に残る戦跡

金沢区制70周年記念連載 「地元の歴史 振り返る」第20回

野島に残る戦跡

2月1日号

区別するポイントは「果実」

金子さんの草花の不思議発見第8回 サザンカとツバキ

区別するポイントは「果実」

2月1日号

角田武夫が描いた金澤八景

金沢区制70周年記念連載 「地元の歴史 振り返る」第19回

角田武夫が描いた金澤八景

1月11日号

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 果物の頭はどこ?

    金子さんの草花の不思議発見第9回 リンゴとミカン

    果物の頭はどこ?

    文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(金沢区富岡西在住)

    2月15日号

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月22日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク