金沢区・磯子区版 掲載号:2017年6月29日号 エリアトップへ

デビュー 祝 20周年 ゆずの素めぐり 磯子区久木町 グルメショップ・カネヒラ

掲載号:2017年6月29日号

  • LINE
  • hatena

 横浜が生んだアーティストゆず。始まりの場所をめぐり、彼らのわだちを辿ります。嗚呼、青春の日々を過ごしたふるさとにゴーイングホーム。

 磯子区の商店街・浜マーケットにある「グルメショップ・カネヒラ」。横浜の人気ナンバーワンコロッケを決める「ガチコロ!」で金賞に輝いた名店だ。ハマッ子のソウルフード「浜の名物・三角コロッケ」はゆずの北川悠仁(ゆうじん)さん、岩沢厚治さんの好物でもある。

 そして店頭に立つのが、2人の岡村中学校時代の同級生である兼平英幸店長。「2年で厚治と同じクラスだった」と話す。だが当時は遊び仲間のグループが違ったため、「仲は良いけど話す程度」だったという。その関係が急展開を迎えたのが、6年前に開かれた岡中の学年同窓会。「飲めるようになって再会して仲良くなった」。校歌の大合唱で終わった会だったが、兼平さんとゆずとの関係は続くことに。同店にふらっと立ち寄ることもあるという。特に岩沢さんとは年に数回会う飲み友達。「大体が地元の居酒屋で、必ず岡中の話になる。でもどちらかというと僕の昔話ばかり」と笑う。卒業アルバムを持ち出して飲んだことも。「厚治はよく覚えてるんです」

 中学卒業後、伊勢佐木町の路上で歌う2人の噂は聞いていたもののデビューしたと知ったのはしばらく後。ラジオから流れるかつての同級生の歌声に、漏れた感想は単純に「すごい」の一言。親交を深めた現在は、運転中などにゆずの曲を聴いているという。ライブの舞台上でみればいつもと違って見える2人も、兼平さんにとっては純粋に”友達”。夢を叶え続ける友を応援する気持ちで2人を見つめている。「印象は中学の時から変わらない。自分にとっては昔から、いつまでたっても悠仁と厚治」

金沢区・磯子区版のコラム最新6

一人になっても反対貫く

〈連載【4】〉藤木幸夫氏に聞く

一人になっても反対貫く

IRと横浜

10月17日号

「世界最高水準」を強調

〈連載【3】〉ギャンブル依存症対策

「世界最高水準」を強調

IRと横浜

10月10日号

国内最大級の統合施設

〈連載【2】〉 市が描くIR像

国内最大級の統合施設

IRと横浜

10月3日号

「前を向き、必ず復旧へ」

台風15号 現場の声 (有)マルニ商店 寄稿

「前を向き、必ず復旧へ」

10月3日号

美女に例えた花も臭いは悪臭

金子さんの草花の不思議発見!第34回オミナエシ

美女に例えた花も臭いは悪臭

文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇

10月3日号

市、財政への強い危機感

〈連載【1】〉 誘致表明の背景

市、財政への強い危機感

IRと横浜

9月26日号

「信頼に応え続ける京急に」

トップインタビュー

「信頼に応え続ける京急に」

京浜急行電鉄株式会社 原田 一之 社長

9月5日号

あっとほーむデスク

  • 8月15日0:00更新

  • 7月18日0:00更新

  • 6月20日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

洋光台でハロウィーン

洋光台でハロウィーン

仮装コンテストも

10月27日~10月27日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク