金沢区・磯子区版 掲載号:2018年3月8日号 エリアトップへ

磯子区 災害弱者対策 HP(ホームページ)で紹介 自治会町内会向けに

社会

掲載号:2018年3月8日号

  • LINE
  • hatena

 磯子区は、自治会町内会向けに災害時要援護者支援の取組事例などをホームページで紹介している。発災直後に必要となる「共助」の取組を知ってもらうことで「地域での助けあい」につなげたい考え。

 災害時要援護者とは、安全な場所に自力で避難することが難しい人などで、高齢者や障害児・者、乳幼児、妊産婦などがあげられる。過去の大震災でも行政の活動が本格的に開始されるまで3日程度かかったとされ、被災した人の多くが隣近所や地域の人に助けられた。要援護者の迅速な安否確認、避難支援などの取組強化は、各地域で急務となっている。

 磯子区が2015年度に、自治会町内会を対象に実施したアンケートでは「要援護者支援の取組方法がわからない」といった声が多数寄せられた。こうした状況から、16年度に「支援の取組事例集」と題したリーフレットを作成。今年度は、新規事業として区のホームページから情報を発信している=写真。

 内容は、地域での取組の進め方、災害時要援護者の把握方法。取組事例では、支援の担い手の確保や地域での見守り活動、訓練の様子などを紹介。要援護者の把握方法では、自治会町内会などで自主的に名簿を作成する方法と、区と協定を結び、名簿の提供を受ける方法を記載している。区では、随時確認できるホームページを見てもらうことで、取組の参考にしてもらいたい考えだ。

 区の担当者は「地域の実情に合わせて継続して取り組んでいただくことが重要。東日本大震災から7年が経過し、あらためて発災への備え、取組を考えるきっかけにしていただければ」と話した。

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6

「55年経て、再び聖火を」

大道在住佐藤さん

「55年経て、再び聖火を」 社会

大病乗り越え走者目指す

10月10日号

治療と仕事の両立を支援

横浜市大付属病院

治療と仕事の両立を支援 社会

病気による離職を抑制

10月10日号

2校の「富岡中」が交流

2校の「富岡中」が交流 教育

地名縁に金沢区から福島へ

10月3日号

被災乗り越え開催へ

AozoraFactory

被災乗り越え開催へ 社会

「こんな時だから活気を」

10月3日号

全小学校に民間支援員

プログラミング必修化

全小学校に民間支援員 教育

教員向けにICT指導

9月26日号

有志ボランティアが活動

金沢区産業団地

有志ボランティアが活動 教育

市内外から 被災企業を支援

9月26日号

ブランチあす20日開業

横浜南部市場

ブランチあす20日開業 経済

エイビイなど15店舗

9月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月15日0:00更新

  • 7月18日0:00更新

  • 6月20日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

堀割川を屋形船でめぐる

堀割川を屋形船でめぐる

11月10日 魅力づくり団体主催

11月10日~11月10日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月10日号

お問い合わせ

外部リンク