金沢区・磯子区版 掲載号:2018年3月8日号 エリアトップへ

磯子区 災害弱者対策 HP(ホームページ)で紹介 自治会町内会向けに

社会

掲載号:2018年3月8日号

  • LINE
  • hatena

 磯子区は、自治会町内会向けに災害時要援護者支援の取組事例などをホームページで紹介している。発災直後に必要となる「共助」の取組を知ってもらうことで「地域での助けあい」につなげたい考え。

 災害時要援護者とは、安全な場所に自力で避難することが難しい人などで、高齢者や障害児・者、乳幼児、妊産婦などがあげられる。過去の大震災でも行政の活動が本格的に開始されるまで3日程度かかったとされ、被災した人の多くが隣近所や地域の人に助けられた。要援護者の迅速な安否確認、避難支援などの取組強化は、各地域で急務となっている。

 磯子区が2015年度に、自治会町内会を対象に実施したアンケートでは「要援護者支援の取組方法がわからない」といった声が多数寄せられた。こうした状況から、16年度に「支援の取組事例集」と題したリーフレットを作成。今年度は、新規事業として区のホームページから情報を発信している=写真。

 内容は、地域での取組の進め方、災害時要援護者の把握方法。取組事例では、支援の担い手の確保や地域での見守り活動、訓練の様子などを紹介。要援護者の把握方法では、自治会町内会などで自主的に名簿を作成する方法と、区と協定を結び、名簿の提供を受ける方法を記載している。区では、随時確認できるホームページを見てもらうことで、取組の参考にしてもらいたい考えだ。

 区の担当者は「地域の実情に合わせて継続して取り組んでいただくことが重要。東日本大震災から7年が経過し、あらためて発災への備え、取組を考えるきっかけにしていただければ」と話した。

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6

2団体、4人が受賞

金沢区民栄誉賞

2団体、4人が受賞 社会

スポーツや文化分野で功績

1月16日号

防災スピーカー 設置進む

防災スピーカー 設置進む 社会

市、3年かけ全域に整備

1月16日号

いそピヨが10周年

磯子区地域子育て支援拠点

いそピヨが10周年 教育

利用者が記念演奏会に出演

1月9日号

3,643人が船出

金沢区・磯子区の新成人

3,643人が船出 教育

13日、横アリで式典

1月9日号

短時間テレワークを推進

横浜市×ソフトバンク女性活躍支援

短時間テレワークを推進 社会

汐見台での実証結果公表

1月1日号

「にぎわいと活力生む年に」

林市長インタビュー

「にぎわいと活力生む年に」 社会

IR誘致へ「理解求める」

1月1日号

金沢からパラ五輪目指す

小曽根さん稲葉さん

金沢からパラ五輪目指す スポーツ

やり投げ、馬術の有力候補

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 10月31日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月16日号

お問い合わせ

外部リンク