金沢区・磯子区版 掲載号:2018年4月26日号 エリアトップへ

花粉症発生源対策の強化 神奈川県議会議員 かやの誠

掲載号:2018年4月26日号

  • LINE
  • hatena

 最近は、花粉症で苦しんでいる人が増えています。できれば何とかしたいと多くの人が願っていると思います。そこで神奈川県では、近隣都県と共同して平成20年度に「九都県市花粉発生源対策10カ年計画」を策定し、山の整備と同様に、花粉の発生源である杉林の混交林化や植えかえ、更には花粉の少ない杉苗木の生産、確保に努めました。平成30年度からも同様に更に対策を進めることになりました。

全国初無花粉ヒノキ発見

 神奈川県では、花粉症対策苗木の生産を九都県市で唯一、花粉を全く飛散させない無花粉スギの生産を進め平成25年12月には、全国で初めて無花粉のヒノキを発見するなど、県として精力的に取り組んでいます。

 花粉症は、国民の3割が罹患しているとも言われ、県民を初め全国民が抱える大きな社会問題です。神奈川県域で完結するものではなく、近隣都県を含めた広域的な取組みが必要で、花粉対策の根本である発生源対策に長い年月をかけて取り組む必要があります。神奈川県が率先して、県外にも広く寄与できれば発生源対策に大きな成果が得られます。

他県と連携強化を

 県はこれまで花粉の少ない、あるいは花粉を全く飛散しない花粉症対策苗木の生産に向け、研究開発や生産者への技術指導を進めてきました。その結果、平成27年に本県で生産される全ての杉・ヒノキの苗木は花粉症対策苗木となっています。国においても、杉林の花粉症対策苗木への植えかえと、それに必要な苗木の供給拡大に向けた支援を始めています。

 しかし、全国的には杉の花粉症対策苗木を生産しているのは、平成26年時点で26都県と約半数であり、そのうち苗木全てが花粉症対策苗木なのは本県を含めて6都県にとどまっています。

 こうしたことから、他県における苗木の安定生産に寄与するため、県の研究成果や技術などを提供するなど、他県との広域的な連携協力を強めていきます。一日も早く花粉症に苦しんでいる人が一人でも多く解消できるようこれからも県の施策として推進するよう努めてまいります。

かやの誠(立憲民主党・民権クラブ県議団)

〒231-8588 横浜市中区日本大通1

TEL:045-210-7620

アピタ金沢文庫店 魅力を紹介⑫

10月30日、31日 10時~ 季節の花鉢プレゼント 先着100人

http://www.apita-kanazawabunko.com/ihaG8F

<PR>

金沢区・磯子区版の意見広告・議会報告最新6

感染症対策と経済の両輪を

ウィズコロナ 県政報告【5】

感染症対策と経済の両輪を

金沢区 県議会議員 大村悠

10月15日号

9月23日の一般質問について

県政報告

9月23日の一般質問について

神奈川県議会議員 あらい絹世

10月8日号

新たな日常への挑戦

アフターコロナ社会を生き抜く 意見広告

新たな日常への挑戦

横浜市会議員 山本たかし

9月24日号

議会運営委員会委員に抜擢

県政報告

議会運営委員会委員に抜擢

神奈川県議会議員 市川さとし

8月6日号

学校のコロナ対策を推進

県政報告【4】

学校のコロナ対策を推進

金沢区 県議会議員 大村悠

7月16日号

成長へV字回復!

ピンチをチャンスに新たな都市づくり 意見広告

成長へV字回復!

横浜市会議員 山本たかし

6月25日号

あっとほーむデスク

  • 9月17日0:00更新

  • 9月9日18:45更新

  • 9月3日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月29日号

お問い合わせ

外部リンク