金沢区・磯子区版 掲載号:2018年7月12日号
  • LINE
  • hatena

金子さんの草花の不思議発見第16回 イタドリ アスファルトも突き破る力 文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(金沢区富岡西在住)

 写真(上2枚)は「イタドリ」の新芽が、厚いアスファルトを突き破って地上に出てきたところです。植物は私たちが想像つかないほどの大きな力を持っています。植物は動物のように移動できないため、種子が落ちた場所(環境)は最初から定められており、たまたまアスファルトの下に置かれた種子は、精一杯の力を出し切り、何とか地上まで伸びていこうと必死なのです。このイタドリもそうした努力の結果、やっと地上へ顔を出すことに成功した賜物です。こうした例は屋根の上、縁の下、排水溝、マンホールの中などでも見られ、中には石垣やコンクリート以外に、電車のレールを押し上げたり、堤防を破壊したりして大きな被害となることもあります。

 イタドリは、市内で普通に見られる多年草で、大きいのでは背丈以上に伸びるものもあります。別名「スカンポ」(酢模)といい、新芽をてんぷらや漬物等にして食べます。また薬用としても利用され、葉を揉んで傷口にあてがうと止血することから、「痛みを取る」が名の由来になりました。痛みを取ってくれるはずのイタドリが、道路やレール等を破壊することで、逆に人は痛い目にあわされているのかもしれません。
 

イタドリの花
イタドリの花

金沢区・磯子区版のコラム最新6件

歌「シクラメンのかほり」から新品種

金子さんの草花の不思議発見!第24回 シクラメン

歌「シクラメンのかほり」から新品種

12月20日号

葉のつき方は対生の中に輪生もある

金子さんの草花の不思議発見!第23回 ハナゾノツクバネウツギ

葉のつき方は対生の中に輪生もある

12月6日号

梨は尻から、柿は頭から甘くなる

金子さんの草花の不思議発見!第22回 カキ

梨は尻から、柿は頭から甘くなる

11月22日号

白粉をつけたヒノキの仲間

金子さんの草花の不思議発見!第21回 アスナロ・サワラ・ヒノキ

白粉をつけたヒノキの仲間

11月1日号

イガあるクリ、イガないドングリ

金子さんの草花の不思議発見!第20回 クリ

イガあるクリ、イガないドングリ

10月11日号

強風に耐える伸縮可能な蔓

金子さんの草花の不思議発見第19回 カラスウリ

強風に耐える伸縮可能な蔓

9月13日号

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

  • 6月28日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年1月10日号

お問い合わせ

外部リンク