金沢区・磯子区版 掲載号:2018年7月12日号
  • LINE
  • はてぶ

ピックアップ 横浜高校、雪辱の夏へ 初の3年連続甲子園めざす

スポーツ

齊藤主将
齊藤主将
 春の選抜につながる昨年の秋季県大会準々決勝で鎌倉学園にコールド負け。昨夏のレギュラーが多く残った新チームの船出は、屈辱からのスタートだった。

 「鎌倉学園への雪辱」を胸に厳しい冬のトレーニングを行い、むかえた春季県大会では準決勝で再戦。コールド勝ちで雪辱を果たした。ただ、平田徹監督は「選手にはコールド負けを忘れるなと言い続けている。夏に勝ち全国大会で勝ち進むことが本当の雪辱」と話す。

 今年のチームは1年生時からメンバー入りしている経験豊富な選手が多く、力は走攻守ともに充実している。その中でもチームを引っ張るのが主将の齊藤大輝選手だ。1年夏の甲子園でベンチ入りし昨夏は3番打者として聖地でプレー。甲子園での戦いを「全国でもトップクラスの投手と対戦し、パワーやスピードの違いに力の差を感じた」と振り返る。ミーティングでは「日本一の練習をしよう」と声をかけ、チームをまとめる。最後の夏にむけては「一戦一戦集中して戦いたい」とまずは南神奈川大会での優勝を見すえる。

「信頼される投手に」

 「1対0で勝つ野球」を掲げるチームで、投手の中心となるのが、1年秋から背番号1を背負う板川佳矢投手。昨夏はエースとして出場。「甲子園は実力以上の力が発揮できる場所」と感じながらも、登板機会は試合終盤だった。「あまり投げられず悔しさしか残らなかった」。最上級生となり「信頼される投手、みんなを引っ張る存在になりたい」と決意する。エースとして粘り強く、相手を圧倒するピッチングでチームを3年連続の甲子園に導くつもりだ。

金沢区・磯子区版のローカルニュース最新6件

デザインで医療課題を解決

横市大先端研

デザインで医療課題を解決

11月15日号

助産師が伝える性の話

プロ選手が直接指導

ポートヒルLC

プロ選手が直接指導

11月15日号

図書館に防災絵本寄贈

認知症の知識深める講座

災ボラ体験の参加者募集

横浜市磯子区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

好楽さんが出演

ふるさと寄席

好楽さんが出演

来年1月 杉田劇場

1月26日~1月26日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年11月15日号

お問い合わせ

外部リンク