金沢区・磯子区版 掲載号:2018年8月9日号
  • googleplus
  • LINE

金沢区京急電鉄 まちづくり推進協定締結 富岡西に地域交通を検討

社会

電動小型低速車(イメージ)
電動小型低速車(イメージ)

 京浜急行電鉄株式会社と横浜市は7月24日、「横浜市南部地域における公民連携のまちづくりの推進に関する連携協定」を締結した。生活を支えるサービスの充実や地域交通の確保など沿線地域の魅力向上に協働で取り組んでいく。

 金沢区は、市全体の中でも人口減少、高齢化が進行しているエリアだ。こうした課題に対応し地域活性化を推進するため、2014年7月、区は京急電鉄を含む8団体と「かなざわ八携協定」を締結。公民で連携し取り組んできた。また、路線周辺の活性化を重大な課題と考える京急電鉄は、金沢区内で若い世代の定住促進を目的に空き家活用事業などを実施している。

 今回の協定締結は、両者が目的をオープンにすることで、地域・企業を巻き込んだ連携を広げ、課題解決の取り組みを推進したい考えだ。

秋から実証実験も

 先行的に取り組みを行うエリアは、富岡西・能見台圏と金沢区心部(金沢区役所を中心とした金沢文庫駅から金沢八景駅にかけて)。特に昭和30年代以降に京急電鉄が住宅地として開発した富岡西・能見台圏は、区内でも若年層の流出や住宅の高齢化が進んでいる。

 この秋に実証実験が予定されているのが、富岡西での電動小型低速車を使った地域交通サービスだ。急な坂がありバスなどの既存の公共交通サービスのない交通空白地帯で実施する。運行ルートなどは、現在検討中。

 また、生活を支えるサービスの充実を目的とした、地域拠点の整備も検討を開始した。京急電鉄の担当者は「地域にどんなものが必要か把握したうえで、進めていきたい」と話す。そのほか、空き家対策や、金沢区心部のまちづくり構想の検討・策定なども取り組むとしている。地元町内会などとのつなぎ役などを担う区担当者は「より強い連携で、まちづくりを推進できれば」と話した。
 

勾配が急な富岡西エリア
勾配が急な富岡西エリア

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6件

磯子区内98カ所を指定

土砂災害特別警戒区域

磯子区内98カ所を指定

9月20日号

賑わいエリア着工

(仮称)BRANCH横浜南部市場

賑わいエリア着工

9月20日号

夏の全国、初挑戦で栄冠

横浜創学館チアダンス部

夏の全国、初挑戦で栄冠

9月13日号

空き家をコミュニティ広場に

磯子区中原4丁目

空き家をコミュニティ広場に

9月13日号

2020年春の再会誓う

三井アウトレットパーク

2020年春の再会誓う

9月6日号

ブロック塀撤去に補助

横浜市

ブロック塀撤去に補助

9月6日号

9/22家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

色鉛筆画と生け花のコラボ

色鉛筆画と生け花のコラボ

川浪さん 華道会が作品展

9月18日~9月23日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 強風に耐える伸縮可能な蔓

    金子さんの草花の不思議発見第19回 カラスウリ

    強風に耐える伸縮可能な蔓

    文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(金沢区富岡西在住)

    9月13日号

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年9月20日号

お問い合わせ

外部リンク