金沢区・磯子区版 掲載号:2018年12月6日号
  • LINE
  • hatena

金子さんの草花の不思議発見!第23回 ハナゾノツクバネウツギ 葉のつき方は対生の中に輪生もある 文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(金沢区富岡西在住)

3輪生
3輪生

 庭木や公園樹としてよく知られている「ハナゾノツクバネウツギ」(写真右)は、葉が対生ですがよく見ると、3輪生、4輪生、時には5、6輪生の葉があります(写真左)。これらの輪生状の葉をつけている枝は、ほとんど徒長枝(とちょうし)といって飛び出した枝であり、対生状の枝は葉が上下に90度ずつずれた十字状対生になっています。

 なぜこのような現象が生じるのでしょう。植物の中には刈込を強く剪定すると、時々祖先時の形状が現れるという一種の「祖先返り」の現象が出ることがあります。ハナゾノツクバネウツギの祖先の葉は、対生ではなく輪生状の葉のみで、その後長い年月を経て少しずつ進化していき、輪生から対生へと変わっていきました。祖先返り現象は、他にもコクサギ、ヒイラギ、サルスベリ、イチョウ等でも見ることができます。

 ハナゾノツクバネウツギは、中国原産のシナツクバネウツギから交雑された園芸種で、「アベリア」と呼ばれています。アベリアとは、ツクバネウツギの仲間の属名です。大正時代日本に導入され、花期が5〜11月と長い花です。和名は開花後残った赤色で5弁状の萼片が、羽根つきの「つくばね」に似ているためです(写真右)。
 

ハナゾノツクバネウツギ(花と葉の対生)
ハナゾノツクバネウツギ(花と葉の対生)

金沢区・磯子区版のコラム最新6件

歌「シクラメンのかほり」から新品種

金子さんの草花の不思議発見!第24回 シクラメン

歌「シクラメンのかほり」から新品種

12月20日号

梨は尻から、柿は頭から甘くなる

金子さんの草花の不思議発見!第22回 カキ

梨は尻から、柿は頭から甘くなる

11月22日号

白粉をつけたヒノキの仲間

金子さんの草花の不思議発見!第21回 アスナロ・サワラ・ヒノキ

白粉をつけたヒノキの仲間

11月1日号

イガあるクリ、イガないドングリ

金子さんの草花の不思議発見!第20回 クリ

イガあるクリ、イガないドングリ

10月11日号

強風に耐える伸縮可能な蔓

金子さんの草花の不思議発見第19回 カラスウリ

強風に耐える伸縮可能な蔓

9月13日号

葉で巻き付く珍しい蔓植物

金子さんの草花の不思議発見第18回 カニクサ

葉で巻き付く珍しい蔓植物

8月30日号

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

  • 6月28日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年1月10日号

お問い合わせ

外部リンク