金沢区・磯子区版 掲載号:2019年8月22日号 エリアトップへ

横浜海軍航空隊 玉砕の日の慰霊を復活 8年ぶり 富岡総合公園で

社会

掲載号:2019年8月22日号

  • LINE
  • hatena
資料で現地の様子を説明する天谷さん(右から2人目)と聞く大島さん(右)
資料で現地の様子を説明する天谷さん(右から2人目)と聞く大島さん(右)

 金沢区の富岡総合公園内の浜空鎮魂の碑で8月7日、8年前から中断されていた夏の慰霊の会が再開された。当日はガダルカナルで遺骨収集を行った長野県在住の天谷裕道さん(58)も参加。天谷さんが持ち帰った浜空隊員の遺品が、77年ぶりに横浜の地に帰った。

 1942年8月7日は同公園に基地があった横浜海軍航空隊(浜空)が南洋の小島・ツラギ(ガダルカナル島から北方約40Km)で玉砕した日だ。浜空隊員や遺族から成る浜空会はこれを悼み、2011年までこの日に慰霊の会を行っていた。だが、会員の高齢化などで真夏の開催が困難となったため、中断されていた。

 再開を呼びかけたのは、富岡西在住で昨年、浜空についての本を書いたノンフィクション作家の大島幹雄さん(66)や現在、浜空会の世話人を務める加藤郁夫さん(60)だ。「本で伝えようとした浜空隊員たちの思いや事実を、さらに継いでいきたいと思った」と大島さん。「少しずつ輪が広がっていけばいい」――そんな思いで昨年末から定期的に鎮魂の碑の掃除を行っている。

隊員の遺品、横浜に

 加藤さんは、インターネットでガダルカナルの現地の様子を書いた天谷さんのブログを見つけ、浜空の記述があったこととから連絡。「浜空の遺品があるので、お渡ししたい」という天谷さんを慰霊の会に招待した。

 天谷さんはガダルカナル陸上戦を10年以上にわたり研究してきた。現地調査も複数回実施。ツラギのすぐ東にあるガブツとカナンボクには2度訪れている。今回、浜空に渡された遺品は2014年にカナンボクで見つけたものだ。すぐに関係者に渡そうと思っていたが、連絡先が分からず、そのままになっていたという。「遺品が家にあることが重荷だった。おさまるべきところにおさまって安心しております」と安どの表情を見せた。

 慰霊の会には、関係者ら約15人が参加。碑の前に、天谷さんから渡された「ベルトの一部」「飯ごうのふた」「砲弾の弾頭」が供えらえた。参加者は黙とうのあと、浜空会の慰霊を込めて献杯。その後、懇親会が行われ、天谷さんらから写真や資料を交えて現地の様子などが語られた。
 

ツラギで発見された弾頭、ふた、ベルトの一部(右から)
ツラギで発見された弾頭、ふた、ベルトの一部(右から)

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6

毎朝 太極拳で17年

金沢区釜利谷西

毎朝 太極拳で17年 スポーツ

コロナ禍の健康づくりにも

10月14日号

「専門性持つ多機関 連携を」

市内虐待対応医

「専門性持つ多機関 連携を」 教育

相談件数が年々増加

10月14日号

空き区画を地域に開放

空き区画を地域に開放 社会

洋光台にフリースペース

10月7日号

市、オンライン申請を導入

証明書発行

市、オンライン申請を導入 社会

時間・場所問わず可能に

10月7日号

無所属・二井氏が初当選

市会議員磯子区補選

無所属・二井氏が初当選 政治

22年ぶりの女性市議に

9月30日号

陽性 半数近くが若年層

新型コロナ第5波

陽性 半数近くが若年層 社会

市、新プランで対策急ぐ

9月30日号

本まぐろ直売所

10月10日は「まぐろの日」大特売。豊洲市場を仕切る大卸ならではの品揃え

https://www.yokosuka-honmaguro.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    10月17日22:57更新

  • 10月16日17:36更新

  • 8月26日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

Webで合同面接会

Webで合同面接会

市企画、10月22日

10月22日~10月22日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook