金沢区・磯子区版 掲載号:2020年1月1日号 エリアトップへ

〜カジノ誘致、市民の声を無視し林市長が決定〜 国民と立法府軽視の安倍政権と戦います 金沢区 磯子区 衆議院議員 しのはら豪(44歳)

掲載号:2020年1月1日号

  • LINE
  • hatena

 昨年12月14日、初当選から数えて5年の月日が経過しました。この間、私の国会活動をお支えいただいた皆さまに深く感謝すると共に、これからも皆さまの声を国政に反映すべく奮闘することをお誓い申し上げます。

 政権の驕りと国会軽視

 安倍長期政権のおごりと国会軽視は、衰えるどころかますます酷くなっています。内閣改造直後、二人の大臣が相次いで辞任したことは記憶に新しいところですが、説明責任を回避するため、所管の委員会が開かれる前にスピード辞任し、その後も、本会議を全て欠席し公の場に一度も姿を見せていません。こうした国会軽視は、行政監視の主舞台でもある予算委員会の開催に19年度予算の成立以降、約200日間も政府・与党がまったく応じなかったことに象徴されます。

 桜を見る会は私物化

 公費を使った政府行事に安倍首相と政権関係者が、後援会関係者を大量に招待した疑惑が吹き出しました。首相は「国会から求められれば、説明責任を果たすのは当然」と語ったものの、予算委員会の開催は断固拒否。事実を確かめる唯一の手段である招待者名簿も、野党議員が国会で資料要求した1時間後に廃棄されてしまいました。

 また、安倍晋三後援会が主催した前夜祭の夕食会費用にまつわる疑惑についても、それを確かめるための明細書の提示を拒否し続けております。

 カジノ誘致も市民無視

 林文子横浜市長は、横浜へのカジノ誘致を昨年8月、唐突に表明しました。地域振興のためとしていますが、カジノ収益は顧客の懐から吸い取られたもので、その分、地域の売り上げを減少させることになります。その上、IR事業者は莫大なカジノ収益を基盤にIR事業を運営するので、競争関係にある地元企業は淘汰されてしまいます。

 日本にはギャンブル依存症患者が70万人おり、カジノは賭博そのもので犯罪の増大も憂慮されます。開業の成否は21年の秋に決まる予定です。

 安倍政権と横浜市長に共通するのは、国民軽視・市民無視。どちらも緩み、驕り高ぶりが極まり民主主義を破壊していることです。私は皆さんと一緒に全身全霊、今年も戦ってまいります。

衆議院議員 篠原豪

横浜市磯子区磯子 3-6-23-1F

TEL:045-349-9180

http://lets-go-yokohama.jp/

金沢区・磯子区版の意見広告・議会報告最新6

コロナとの戦いは総力戦です

コロナとの戦いは総力戦です

横浜市会議員(金沢区) 黒川まさる

4月30日号

必ず終わりがあります

新型コロナウイルス感染症

必ず終わりがあります

横浜市議会議員(金沢区) 高橋のりみ

4月30日号

神奈川を、共に創る

神奈川を、共に創る

県議会議員(金沢区) 大村悠

4月30日号

新型コロナウイルスへの神奈川県の取り組み

県政報告

新型コロナウイルスへの神奈川県の取り組み

神奈川県議会議員 あらい絹世

4月9日号

コロナ対策LINE開始

県政報告【3】

コロナ対策LINE開始

金沢区 県議会議員 大村悠

4月2日号

都市型IRで世界をリード

イノベーション都市・横浜の挑戦 意見広告

都市型IRで世界をリード

横浜市会議員 山本たかし

4月2日号

あっとほーむデスク

  • 5月25日17:30更新

  • 5月16日21:30更新

  • 5月16日7:42更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月25日号

お問い合わせ

外部リンク