金沢区・磯子区版 掲載号:2020年6月4日号 エリアトップへ

緊急事態宣言解除 「新たな日常」へ第一歩 「営業再開に不安」の声も

経済

掲載号:2020年6月4日号

  • LINE
  • hatena
街にも徐々に人通りが(杉田地区)
街にも徐々に人通りが(杉田地区)

 政府からの緊急事態宣言が5月25日に解除され、県からの商業施設などへの休業要請も27日に解かれた。臨時休業していた店舗が順次再開し「新たな日常」へ動き出した一方で、商店主などからは「コロナ前の状態に戻るのか」と営業再開への不安な声も聞かれた。

 神奈川県は、4月11日からパチンコ店やカラオケボックス、集会場などに出していた休業、県民への外出自粛要請を27日に解除。飲食店への短縮営業もこれまでの午後8時から10時までに延ばした。時短営業の解除は、約3週間後の感染状況などを踏まえ総合的に判断するとしている。

「待ちわびていた」

 金沢区六浦に店舗を構える「アサヒシューズ横浜六浦店」は5月28日、約1カ月半ぶりに店を開けると「再開を待ちわびていた」と客が来店したという。担当者は「靴は生活必需品ということもあると思うが、すぐに来店してくれたのはうれしい。お客様が戻ってくるか心配したが、時間が経てばコロナ前に戻るのでは」と前を向いた。

 「アピタ金沢文庫店」では、習い事教室を除くほとんどの店舗で29日までに順次営業を再開。担当者によると、宣言中は衣料品フロアの客足が少なかったというが、「人出はコロナ前と変わらないと感じた」とし、日常が戻りつつあることを実感した様子だった。

 一方、磯子区杉田のレストラン「パレ・ド・バルブ」は、4、5月の売上は前年同月比で8割以上落ち込んだという。新たにテイクアウトを始め、「新しい生活様式」に対応するため、テーブルの数を減らし客同士の距離を保つように営業。ただ、テーブル数の減少は売上減に直結することが悩み。オーナーは「以前のように人出が戻ったとしても売上がコロナ前に戻るか不安が大きい」とし、表情をくもらせた。さらに、感染拡大の第2波による休業や営業短縮要請などが出されると経営が一層厳しくなる、と恐れるが「何とか現状でやっていくしかない」と声を絞り出した。

区民利用施設も

 6月1日からは、杉田劇場、各地区センター、公会堂、コミュニティハウス(学校施設活用型を除く)、老人福祉センターなどの区民利用施設が利用制限を設けながら順次開館。横浜・八景島シーパラダイスも営業を再開した。今日4日にはスポーツセンター、11日には金沢動物園が開園するなど、徐々に日常を取り戻す動きが本格化している。

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6

立民・佐久間氏が初当選

金沢区補欠選挙

立民・佐久間氏が初当選 政治

新人が一騎打ち制す

10月21日号

市が「防災力」認定制度

マンション

市が「防災力」認定制度 社会

来年1月に開始予定

10月21日号

毎朝 太極拳で17年

金沢区釜利谷西

毎朝 太極拳で17年 スポーツ

コロナ禍の健康づくりにも

10月14日号

「専門性持つ多機関 連携を」

市内虐待対応医

「専門性持つ多機関 連携を」 教育

相談件数が年々増加

10月14日号

空き区画を地域に開放

空き区画を地域に開放 社会

洋光台にフリースペース

10月7日号

市、オンライン申請を導入

証明書発行

市、オンライン申請を導入 社会

時間・場所問わず可能に

10月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    10月17日22:57更新

  • 10月16日17:36更新

  • 8月26日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

コース作って散歩楽しむ

コース作って散歩楽しむ

磯子で11月から5回講座

11月24日~12月21日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook