金沢区・磯子区版 掲載号:2020年8月27日号 エリアトップへ

金沢区福浦・幸浦 全長3.2Kmの護岸かさ上げ 台風備え、8月末までに

社会

掲載号:2020年8月27日号

  • LINE
  • hatena
左が護岸をかさ上げした部分で、海側には直立消波ブロックの積み上げが進む
左が護岸をかさ上げした部分で、海側には直立消波ブロックの積み上げが進む

 台風15号による高波が金沢区の福浦・幸浦地区の護岸を破壊してから、およそ1年。台風シーズン前の8月末までに、全長約3・2Km、高さ約3mの護岸のかさ上げが完了する。消波ブロックの設置完了などは先になるが、横浜市は昨年と同程度の高波は十分に対応できるとする。また、完成後は上部を利用した海釣り施設の設置を検討している。

 かつての護岸は高さ約1mで、「当初設計した時には、10mを超える高波は想定していなかった」と市の担当者は話す。この護岸復旧では、「今後発生しうる最大の高潮・高波を防護できる設計」を基本としている。具体的には、昨年の台風15号の高波の高さや、観測史上最大の高潮被害をもたらした伊勢湾台風が横浜港に最も大きな高潮を生む経路をとった場合の潮位に、大潮の満潮位が重なった場合を想定している。

 前述の規模の高波に対応するため、護岸には以下の3つの防護ラインを設計した。【1】既設護岸前面に直立消波ブロックとパラペット(エリアによっては異形消波ブロック)を設置【2】護岸上の壁を高さ約3mまでにかさ上げ【3】現在、暫定的に土のうが置かれている緑地の道路側に防潮堤を設置。このうち8月末までに完成するのが【2】の部分だ。市担当者は「近隣の企業の方々は甚大な被害で大変な思いをされてきた。かさ上げは台風シーズン前に完了するので、まずは安心していただきたい」と話した。

上部は海釣り施設に

 直立消波ブロックの上部は、幅約8mのスペースができるため、市は上部を海釣り施設に活用する検討をしている。市担当者は「(海釣り施設にするには)安全対策や照明の設置などもしなければいけない。地元の皆さんや市民の意見を聞きながら、しかるべき予算をつけて進めていきたい」と話した。

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6

「ちょこっとボラ」設立

磯子地区

「ちょこっとボラ」設立 社会

地域の支え合い築く

10月22日号

外国人の相談窓口開設

横浜市居住支援協議会

外国人の相談窓口開設 社会

国の人手不足対策と連動

10月22日号

地域交通で移動支援

金沢区富岡西地区

地域交通で移動支援 社会

実用化見据え、利便性拡大

10月15日号

街路灯維持 揺らぐ商店街

街路灯維持 揺らぐ商店街 社会

補助金活用も改修費重荷

10月15日号

防災拠点に2施設確保

汐見台自治会連合会

防災拠点に2施設確保 社会

県団地住宅福祉協会と協定

10月8日号

ママ夢ラジオ実現 後押し

杉田在住あやかさん

ママ夢ラジオ実現 後押し コミュニティ文化

16・17日、Zoomで初イベント

10月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月17日0:00更新

  • 9月9日18:45更新

  • 9月3日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク