金沢区・磯子区版 掲載号:2020年9月17日号 エリアトップへ

自社内で廃フィルムを再資源化 リサイクルに取り組む藤森工業

社会

掲載号:2020年9月17日号

  • LINE
  • hatena

 世界的な課題になっているプラスチックごみ問題。プラスチック循環利用協会によると2018年の日本のプラごみの有効利用率は84%。しかし内容は、サーマルリサイクル(燃焼させた熱利用)が56%と半分以上を占め、再生樹脂などに利用されるマテリアルリサイクルは23%に留まる。

1日1・5tを処理

 複合材フィルムで詰め替え用の包装材などを製造する藤森工業=金沢区幸浦=は、リサイクルを推進するため、15年前の移転を機に資源リサイクル室を設置した。「それまで廃棄していた製造工程ででてくる端切れや不具合品を有効活用できないかというのが出発点だった」と話すのは、総務課長の福田総一郎さん(42)。従来は不可能とされていたアルミ箔を含む廃複合材フィルムを粉砕しリペレット(再生樹脂)化する技術を開発。現在、自社内の機械で1日1・5tのリペレットを製造する。リペレットは業者に販売され、簡易プラスチック製品に生まれ変わるという。

 「包む価値の創造を通じ、快適な社会の実現に貢献する」ことを企業理念に掲げる同社。ボトルではなく環境負荷の少ない詰め替え包材の製造を扱うことからも、その姿勢がうかがえる。

 「原料から製品を作る過程で出るロスを減少させることも進めていきたい」と品質・環境・安全統括センター長を務める小川秀道さん(59)。植物由来のバイオマス商品の研究や脱アルミ包装材料など環境に優しい製品開発も進める。

金沢区・磯子区版のローカルニュース最新6

北里大教授が感染症語る

北里大教授が感染症語る 社会

「新型コロナ 同居する未来へ」

10月22日号

地域つなぐマルシェ

10月31日

地域つなぐマルシェ 社会

金沢文庫ふれあい広場で

10月22日号

11月6日に券発売

GoToイート

11月6日に券発売 経済

10月22日号

レシピ集を配布

レシピ集を配布 社会

健康づくり月間で30日まで

10月22日号

横浜文化賞に山口氏

磯子区在住

横浜文化賞に山口氏 文化

市スポーツ協会会長

10月22日号

女性特有のがんと検診

女性特有のがんと検診 社会

〜私らしく地域で生きる〜

10月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月17日0:00更新

  • 9月9日18:45更新

  • 9月3日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク